サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室東京 ふぉとしょっぷ工房 スクールブログ むかぁ〜しむか...

むかぁ〜しむかし。。。

ちょっとご挨拶がわりに昔話を一席。

自分がPhotoshopなどのソフトの使い方をいかにして学んだのか?
という一例として。

あのころ、、、
たしか1994年前後だったと記憶していますが、Photoshopのヴァージョンが2.5〜3.0に切り替わる時代。

Photoshopに革命的な機能が加わります。「レイヤー機能」です。

まだ国内では教則本などが出版されておらず、情報がきわめて少ない時代。
秋葉原のパソコン関連の洋書を取り扱っている書店で使い方のチップス集みたいな書籍をみつけては辞書を引きながら英語を解読して「技」を習得していました。
英語の苦手な自分にはけっこう大変な作業でした。

「レイヤー」機能が無い時代の合成や加工はというと、、、

複雑な段階を要するエフェクトは何ファイルそのものを何ヴァージョンにも慎重に保存しながら作業を進めていました。
アルファチャンネル機能を最大限に使ってマスク合成などを駆使しながらレイヤーの無い「一枚もののイメージ」を仕上げて行く方法でした。

隔世の感がある昨今、思い出すこともあまりないですが、ふと思い出すと、

「とんでもない時代だったなぁ〜!」

という感慨が大きいです。

PhotoshopもCS6を経てCC(クリエイティブ・クラウド)という形式で提供されるようになり、じわじわと便利に、かつ複雑さを増していますが、根底のところは

「あまり変わっていないなぁ、、、」

とも思います。

 

(2014年2月13日(木) 15:44)

前の記事

次の記事

新着記事

最近の3DCGソフトにはおおむね3Dプリンタ出力のための機能が標準搭載されているようです。これは3DCGソフトだから当然ともいえる世の中の動向にあわせた進化なのですが、画像を取り扱うことを専門とするPhotoshopにもあろうことか3DCG機能がなにげに充実しているのをご存知でしょうか? ...

Photoshopというのは「画像処理ソフト」という呼ばれ方をしますが、はじめて向き合う方は、「とりあえずなんのこっちゃよくわからない!」というケースも多いと思います。 これはもともとが印刷を見据えた写真のレタッチのために作られたソフトなので「画像処理」というカテゴリーに別けられています...

こんばんは!記録的な豪雪ですが、幸いなことに茨城県あたりはとても天気がよく、雪もほとんど消えてしまいました。 さて、スマホはとっても便利なデジカメですが、撮った写真のエフェクトアプリもかなり充実していて、いわゆる「いい感じ」「いい雰囲気」の色合いにカンタンに修正してくれます。 これらは...

ちょっとご挨拶がわりに昔話を一席。 自分がPhotoshopなどのソフトの使い方をいかにして学んだのか? という一例として。 あのころ、、、 たしか1994年前後だったと記憶していますが、Photoshopのヴァージョンが2.5〜3.0に切り替わる時代。 Photosho...

講師の斎藤剛ともうします。 初回投稿です。 photoshopは簡単で奥が深く、とても活用範囲の幅広いツールです。 いっしょに楽しみましょう!! まずはカンタンな素材から料理していきましょう。 よろしく!

ブログ記事 ページ先頭へ