全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室神奈川 ゲンさんのフォトショ講座 スクールブログ 道具は大切に!

道具は大切に!

我々デザイナーにとっての道具といえば…。昔だったら、三角定規とか、烏口(※1からすぐち)などがありましたが、現在ではパソコンやグラフィクソフトになるんでしょうか!?

実際、美大を卒業して入ったプロダクションでは、烏口でいかに細い線を引けるか…という練習をさせられました。

で、道具はいつでもすぐ使えるように、メンテナンスを怠らないようにしなければいけません。これ鉄則です。

私の場合、現在ちゃくちゃくとスクール開講に向けて道具を用意しているのですが、一つの問題はMacとWindowsのノートパソコンをどうするか?ということでした。

プロフィールにも書いたのですが、メインはMacを使っています。が、10年ほど前からWebのデザインも始めたので、Windowsも使っています。

そこで思いつきました!Macintoshには“※2ブートキャンプ”という強い味方があったことを…!!

今、夜中の1時半なのですが、やっとMacBookにWindowsのPhotoshopとIllustratorをインストールし終わりました。

これで、みなさんと一緒に使う道具が揃いました。パソコンはMacとWindowsに対応します。なので、『道具』のことは心配しないで、身軽な格好でお越しください。

お会いできる日が待ちどうしい、今日このごろです…。


※1 烏口:鳥のくちばしに似た部分に墨を含ませ、線を引く製図用器具。(広辞苑より)→ほとんど死語?

※2 ブートキャンプ:MacでもWindowsが使用できる環境をつくるソフト。




 

(2013年8月4日(日) 1:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイナー歴36年。イタリア留学も。絵が苦手な方にも役立つツボを伝授

ゲンさんのフォトショ講座
原辰弥 (Photoshop)

横浜・桜木町・戸部・天王町・新高島・みなとみらい

ブログ記事 ページ先頭へ