全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室東京 Photoshop 初歩&お仕事 スクールブログ 街の写真館もや...

街の写真館もやってる? お顔の画像の補正のテクニック

私がAdobeのPhotoshopで毎日やってる仕事があるので紹介しますね。

それは、某WEBサイトの芸能ニュース記事に掲載される画像の補正です。
キチンとしたスタジオで充分な照明のなか撮影されたポートレイトと違い、記者会見で撮影された芸能人の画像などは補正が必要なこともあります。

各報道局によって指針は異なりますが、私が担当するサイトでは最低限の修正をほどこします。
(憧れの芸能人画像でガッカリするのはやはり寂しいですもんね)

まず、照明が暗くて肌色が黒くなってると全体に明るく補正。
これだけでかなり見え方が変わってきます。
次に、その肌色を加工したとわからない程度に「彩度」をあげます。
健康的で明るい印象になりますね。

加えて、もう少しキレイに仕上げたいときは…
笑ってる写真の場合は歯を一段階白く(明るく)。
そして、これがプロ技ですが、目の白目の部分も一段階白く(明るく)。
よく疲れると充血して白目がよどみますよね。
白目を明るく補正するとスッキリした印象になります。

もちろん、これらは芸能人の画像だけでなく、私たち一般人(笑)にも有効です。
飲み会の写真や旅行の写真にさりげなくPhotoshopで補正してください。

と、ここまでは序の口。
ファッション誌や写真集ではもっと高度な補正・加工がされています。
例えば、ホクロやシミを隠すなんて簡単。
女性が気になる肌質を整えたり、毛穴を目立たなくすることも可能。
そして、脚や腰のくびれを… おっと、ブログではここまでにしておきましょう。

ゴシップではなくてPhotoshopレッスンの話でした。
続きが気になる方は直接聞いてくださいね!

 

(2013年2月17日(日) 20:45)
この記事を書いたコーチ

デザインの専門学校など、計110名超にレッスン。専門用語もやさしく解説

ブログ記事 ページ先頭へ