全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室東京 使うのが楽しくなるフォトショップ講座 スクールブログ ビットマップ画...

ビットマップ画像3:ドットパターン

今日はドット絵について、知っておくと便利なコツについて話してみます。

ドット絵は少ない点(pixel)で表現しながらも、独特の雰囲気と”味”のある描画方法です。
綺麗なドット絵を作るコツは大きく分けて以下の3つです。
 (1)均等な間隔で描かれたラインは美しい。
 (2)丸みを出す時は「徐々に伸びる階段」
 (3)色も「階段」にする。

※添付画像のサンプルを参考にして下さい。

(1)均等な間隔で描かれたラインは美しい。
例えば垂直、水平のライン。これは縦、横方向に1pixelの点が均等に並んでいます。隙間なく並んでいるので分かりに難いですが、これも立派なドット絵です。
他の分かり易い例として「3pixelの階段」による斜め線を作ってみましょう。同じ幅のものが同じ間隔で並んだ場合、目の錯覚により「直線」見えます。


(2)丸みを出す時は「徐々に伸びる階段」
1、2、3、4、5、6・・・と順番にブロックの長さを変えて繋げてみると、直線ではなく曲線に見えます。ブロックを切り替える接合部分に、あえて1つ前のものを挟むと滑らかになります。


(3)色も「階段」 にする。
「黒」 → 「濃いグレー」 → 「グレー」 → 「薄いグレー」 → 「白に近いグレー」
と各点の色を指定すると、白に溶け込むように滑らかになります。
これを既出のラインに適用すると、ラインが凄く滑らかに見えます。 


希望される方にはレッスンで他のコツもお伝えしますね。

ビットマップ画像3:ドットパターンビットマップ画像3:ドットパターン

(2012年7月28日(土) 21:47)

前の記事

この記事を書いたコーチ

大手ゲーム会社では新人教育も担当したCGデザイナー。匠の技をあなたに

使うのが楽しくなるフォトショップ講座
宮田哲 (Photoshop)

渋谷・池袋・武蔵小杉・自由が丘・日吉

ブログ記事 ページ先頭へ