全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室奈良 菜畑Photoshop塾 スクールブログ フォトレタッチ...

フォトレタッチ概論 01 デジタル画像の特徴

コーチのタニグチです。
何度かに分けてデジタル画像のレタッチに関する概論を掲載してみます。
興味を持たれた方は是非体験授業を受けてみませんか?
お待ちしています。

1.デジタル画像の特徴

デジタルカメラやパソコンで画像を使う時、その画像は「デジタル画像」というものになっています。

デジタル画像とは、鉛筆や絵の具のような画材を用いて描かれる「アナログ画像」と違って、データを用いて描かれる画像と言えます。

パソコンに表示される画像はたくさんの点の集まりによって色と形を表現しています。
この点の事を「画素」または「ピクセル」と言います。

画素には「赤」「緑」「青」の色の光を表示する機能があり、それぞれの色の光が真っ黒から一番明るい色の発光まで明るさを変化させる事が出来るようになっています。

色の明るさは段階があって通常で0から255という256段階の値で区切られており、赤・緑・青それぞれに与えられた段階の光が画素の中で混ざり合い様々な色を表現します。

この色の作り方を「加法混色」と言い、表現できる色数は約1600万色以上。これは人間が認識できる色数より多いので写真のような現実の風景をモニタ画面上で再現できるのです。
また、画素の数が多ければ多いほど、画像はきめ細やかになります。

このきめ細やかさの事を「解像度」と言います。

解像度は「dpi(dot par inch)」という単位で表し、これはデジタル画像の1インチ四方にいくつの画素があるのかを表しています。この数字が大きければ大きいほど画像はより細やかな表現を行えるようになります。

これらの事から、デジタル画像は画素の数とその扱う色の段階(これを階調といいます)でその美しさが決まる事が分かります。

フォトレタッチ概論 01 デジタル画像の特徴

(2012年6月28日(木) 21:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

CG・アニメなど、クリエイター育成のプロ。専門学校や職業訓練の講師も

菜畑Photoshop塾
タニグチヒロシ (Photoshop)

JR三山木・難波・布施・大和西大寺・生駒・菜畑・東生駒・奈良・長田・荒本・吉田・新石...

ブログ記事 ページ先頭へ