サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室東京 イワサキフォトショップスクール スクールブログ 粒子を意識する...

粒子を意識する。

Photoshopでさまざまな画像合成するときに解像度や色数が異なる場合があります。敢えて低解像度にあわせ、その時に意図的にノイズを乗せて馴染ますと効果的に仕上がります。このときのノイズのかけ具合が要になります。
またこういった低解像度処理とは逆に高精度美術印刷を見る機会を持つと大変勉強になります。アミ点ではなく粒子で印刷されています。こういった粒子を意識する経験が画像処理に役立ったりします。

 

(2012年5月26日(土) 22:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務経験27年!“使える、役立つ"フォトショップを身につけてもらいたい

新着記事

1月に体験レッスンをお申し込みをされた、先着500名様限定で【入会金が無料】 さらに抽選で1名様は、レッスン代が【1年分無料】となるキャンペーンです! ▼2014年新春キャンペーン http://cyta.jp/cp/2014mg

ベルギー製のArkaos GrandVJというソフトを使った仕事もしています。 (エンターティンメント等のステージ、美術のインスタレーション等の効果)で良く使われています。VJ(ビジュアルジョッキー)のソフトとしても良く使われるソフトです。 PCにあるビデオ・クリップをリアルタイムで加...

ご存じの通り2013年内発売予定の「新Mac Pro」は前衛的で意表性をついたなデザインと驚異的なスペックで世界中を驚かさせました。 この意表性をついたなデザインが”笑いの渦”で合成写真で七輪になったり、ご飯の釜になったり、これでもかという位面白い合成写真が沢山NetにUPされています。それ...

体験レッスン申し込み先着300名の方限定で、入会金が無料(通常8000円)の「春割キャンペーン」が始まりました! この機会に是非Photoshopの世界へ!

今年はデザインの原点(基礎)と最先端のバランスを考えて行きたいと思います!特に光の扱いを更に探求して行きます。

ブログ記事 ページ先頭へ