全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室東京 サムエル・フォトショップ講座 スクールブログ 第九

第九

今回はプライベートなお話。

子供の小学校や中学校のPTAコーラスを6年やっています。
特に合唱部だったとかではないのですが、歌うことは大好きで、若い頃は2人で4時間とかカラオケで歌いまくっていたり…。(あの頃は若かったわぁ:笑)

PTAのコーラスは、ソプラノといっても、あまり高い音域を出せない人がいるので、実は声楽的にはアルト音域の選曲が多かったりして、ちょっと物足りない感をずっと持ってました。

一度は第九を歌ってみたい。という野望を抱き続け、今年知人から教えてもらった第九の会に参加することになりました。

本番もピアノ伴奏の規模は小さめのものですが(ソリストはプロですよ♪)、久々の超音波領域(笑)と、高校以来のドイツ語の歌詞で、練習がとても楽しい!

有名なフレーズは知っていても、全然知らないフレーズが沢山あって、メロディーもリズムも覚えるのが大変ですが、練習の回数を重ねるごとに覚えてきて、他の経験者の皆さんについて行けるようになるのはとても嬉しいものです。

初めて練習に参加した時には、十何年かぶりに声帯がヘバる経験をしました。

カラオケで歌うのとは違い、声が枯れるとか、ノドが痛くなるというのではなく、声帯が痛くなるんですよ。ビックリです。

声帯も筋肉なので、練習を重ねるごとに筋トレされているのか、声帯がヘバることも少なくなってきました。

12月25日の本番に向け、練習回数も多くなってきましたが、本番を楽しみに、しっかり練習していきたいと思います。

出来なかったことが出来るようになってくる喜びは、歌だけではありません。

最初はなかなか上手くできなくても、積み重ねていくことで、出来るようになって来ます。

色々なレッスンを受けている皆さんも、地味でつまらない、辛いと思うことがあっても、後々振り返って、「ここまでできるようになったんだ!」という喜びを目指して頑張ってください。

 

(2011年11月28日(月) 11:38)

前の記事

この記事を書いたコーチ

米滞在13年!アメリカで磨いたデザインスキルでWEB製作~DTPまで

サムエル・フォトショップ講座
佐藤智代 (Photoshop)

品川・川崎・大崎・浜松町・田町・蒲田・羽田空港

ブログ記事 ページ先頭へ