全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室千葉 遠藤デザイン画像スクール スクールブログ アンシャープマ...

アンシャープマスク

先日仕事の打ち上げ的な飲み会があり、元カメラマンの人や現役プログラマーの人と話をしました。
で、カメラマンの世界がデジタル化で一変した話などがでましたが、その中でフォトショップの進化の話題になりました。
私はフォトショップをバージョン2.5の時代から使っているので、進化の概略を知っているつもりですが、おおざっぱにいうと当時のデジタル化以前の製版工程を忠実にコンピュータに置き換えていったという印象があります。

それで、その代表的な事例(代表的かな?)として「アンシャープマスク」の話をしました。
アンシャープマスクというのは、名前だけ聞くとシャープがアンだからぼかしのマスクのように考えてしまいがちです。実際は「シャープ」のカテゴリーにいるから間違えないと思いますが(間違えている人もいたのです!)、何故シャープ用のマスクなのにアンシャープなのか?

これは以前の製版のテクニックで、シャープにしたいときにわざとボカシ版(アンシャープ)の逆版を作って抱き合わせでフィルムを焼くと、シャープな図像になるという技術から来ています。

つまり完全に製版の職人作業からの取り入れです。
そんな話をしていたら、「ああ、なるほどね」と納得してもらいました。

でも、フォトショップほど最初からベースの技術がしっかりしていて、着実に使いやすくなっているソフトもなかなかないなと改めて思ったしだい。アドビってすごい会社ですね。

 

(2011年10月20日(木) 8:01)

前の記事

この記事を書いたコーチ

実務22年、デザイン事務所勤務。印刷もHPデザインもおまかせ

遠藤デザイン画像スクール
遠藤秀二 (Photoshop)

西船橋・大手町・茅場町・門前仲町・木場・東陽町・西葛西・葛西・浦安・南行徳・行徳・妙...

ブログ記事 ページ先頭へ