サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室兵庫 フォトショの家庭教師Q^2 スクールブログ Abobeのデ...

Abobeのデジタルセミナーに行ってきました!!

先日、Abobe社が主催するPhotoshopのデザインセミナーにいってきました。

業界の最先端で活躍するカメラマンやデザイナーの方々の仕事の実演や、協賛企業の提供による最新式の機器のプレゼンや紹介、そしてなんといっても目玉の公演は、元Photoshop開発メンバーが来日してPhotoshopのtipsやテクニックを教えてくれるというものでした。

各分野での業界のトップランナーの仕事術やPhotoshopの活用方法を直接生で拝聴することができましたので、とても刺激をうけました!

「Photoshop手品」など、面白い土産話は沢山あるのですが、詳しくは授業の際にお話しするとして、今回は、講座の中で出てきた皆様のお役に立つような有益な情報をご紹介いたします。



CS5から新しく追加された「パペットツール」。
写真のゾウの鼻を動かしたり、自由な変形が可能なツールなんですが、
いまひとつ使いどころがわからない機能の一つでもありました。


しかしこのツールは非破壊での描写が可能ですので、うまく使ってやると、従来なら「ワープ」などで対応していた写真加工をもっとスムーズに描画することが可能になります。


同じく新しい機能となる「境界線を調整」のプロパティ。
これ単体でも非常に便利で強力なツールになりますが、ここでも各種設定をうまく使いこなしてゆくと、より速いスピードでの選択範囲の作成が可能になります。


Photoshopの新機能の解説をメインにした実り多いイベントでした!!
また興味ある方がいればお話いたします!





 

(2011年6月27日(月) 16:33)

前の記事

この記事を書いたコーチ

感覚派も理論派もOK。ロゴデザイン~市民イベントのリーフレットまで

新着記事

先日、Abobe社が主催するPhotoshopのデザインセミナーにいってきました。 業界の最先端で活躍するカメラマンやデザイナーの方々の仕事の実演や、協賛企業の提供による最新式の機器のプレゼンや紹介、そしてなんといっても目玉の公演は、元Photoshop開発メンバーが来日してPhotos...

Photoshopは写真を修整するだけのソフトだと思い込んでいませんか? ピクセル単位で(パソコン上で絵を表示するときの最小単位)サイズを指定することができるので、 自分のイメージ通り、任意の大きさに加工することも簡単にできるので、 ホームページの素材作りの際にも役立つ強力なツー...

ブログ記事 ページ先頭へ