全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室埼玉 光フォトショップ教室 スクールブログ CGソフトで何...

CGソフトで何ができる?

前回は、光フォトショップ教室の紹介をしましたが今回はこれから学ぶフォトショップ・イラストレータで何ができるか書いてみたいと思います。

とは言っても、私自身映像制作の中でどちらのソフトも使ってはいますが、DTPに関してはシロートに近いのでDTPに関する質問を突っ込んでされると困るんですけどね。(^-^)


まずは、フォトショップです。

このソフトは、ペイント系と言うジャンルのソフトです。

フォトショップで行なう作業で代表的なものは写真のレタッチでしょう。

他には、画像の切り抜きや合成、サイズ変換などがあります。

また、フォトショップでは様々なファイル形式に対応していますのでホーページ用に gif,jpeg イラストレータとの互換にEPSなど用途に合わせたファイル形式の保存に使用されています。

映像の世界でもタイトル制作やマスク制作など様々な場面で使われている無くてはならないソフトです。


次にイラストレータです。

このソフトは、名前の通りイラストを描くソフトです。

ジャンル的には、ドロー系(ベクター系)ソフトになります。
イラストを書いたり、ロゴを作ったり、チラシを作ったりすることができます。

イラストレータの特長として拡大・縮小しても画像が劣化しないことがあげられます。
という特徴があるので、イラストレータで作ったデータは、印刷物の制作データとして広く使われています。

こちらのソフトもフォトショップほどではありませんが、映像制作の中でタイトルやテロップの制作に使われてます。
また、最近ではWebサイトに使う動画の制作に同じベクター系ソフトのFlashがよく使われています。
このソフトは、アニメーションソフトから発生して現在では映像も扱えるようになりました。

と!話がそれて来ましたので元に戻りますね。

それで、フォトショップとイラストレータですが先程書いたようにそれぞれ得意とすることが違います。
最近では、機能が充実して来てどちらか一つのソフトがあれば作業を完結できるようになっては来ましたが、やはり2つのソフトを使いこなした方が作業はスムーズに完了します。

どうでしょう!簡単な説明ではありますが、少しはどんなソフトなのか解って頂けましたでしょうか?

え!解らない?

申し訳ありません。どうも文章が下手で。(-.-;)

まあ~!詳しい説明を聞きたい人は是非、光フォトショップ教室に来てくださいね!

 

(2010年9月7日(火) 23:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

映像業界10年の実務経験。現場仕込みのCG技術をあなたにも

ブログ記事 ページ先頭へ