音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 クラプリンのきらきらピアノ弾きレッスン レッスンノート

クラプリンのきらきらピアノ弾きレッスンレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

歌や演奏のイメージトレーニング
どんな曲でもフルコーラスの一曲という構成の中で表現していく上では、イントロダクション、1番、2番、間奏、そして最後の繰り返しとかでは同じ事の繰り返しでは決してありません。出だしの雰囲気、Aメロ、...
目標設定を考えてみる
レッスンお疲れ様でした。今日は、ライブに向けて、市販の譜面通りではなく、自分らしい音楽を表現出来るステージを目標として、これからのレッスンでの進め方などを考えてみました。練習する事は勿論大切です...
バラバラにやってみる
ピアノをコードでポロンと弾く、歌う、また、ポロンと弾く、また歌う、こんな風に、それぞれをバラバラににしてゆっくりゆっくりやってみます。ピアノだけ、歌だけでも良いです。まずはリズムキープとか気にし...
簡単に楽しくオシャレに大人な弾き語りができるように。
体験レッスンお疲れ様でした。鍵盤やコードネームは、かなり理解されているので、あとは、ピアノ独特のタッチやペダルにも慣れればどんどん進んで行けると思います。コードを自分の弾きやすい解釈でオシャレな...
指使いに慣れてきましたね。、
よく練習されてきていて、だいぶ指使いにも慣れてきました。今日は、キーボードではなく生ピアノで弾いてみた感触はどうでしたか?やっぱり生ピアノはいい感じだったのではないでしょうか。さらにコードについ...
弾き語りらしさ
ピアノの弾き方を練習したら、今度はそれに合わせて歌ってみる。そうすると、同時にやるのは意外とたいへんですよね。弾き語りの場合、最初は自分の好きなタイミングでやってみて大丈夫です。ピアノをポロっと...
コードを理解する。
やりたい曲のコードの仕組みを学びました。まずはAメロの2つのコードの繰り返しをピアノで弾いてみる。その指使い、押さえ方、コードの仕組み、ペダルの使い方、を理解出来たら、あとは、押さえ方を指の感覚...
体験レッスンお疲れ様でした。
弾き語りならではの取得すべき、しかも、簡単な方法、進め方などをやりました。難しい音符が並んだ譜面を忠実に練習するのではなく、コードや指で覚えて、感覚で楽しく自由にピアノを弾ける様になる為には、な...
アーティストレッスン
アーティストとして、音楽を作り上げていく為の手法をお話ししました。鍵盤を使って、コードの仕組み、コード進行、それらを、理論、譜面からではなく、耳から聴いた音をどう理解し、形にして、 ピアノを弾...
イントロや間奏で感動を作る。
オリジナルを作る場合、イントロは最初に耳に入ってくる第一印象ですね。 今日、聴かせていただいた中の1曲は、キャッチーなサビのメロディがとても良かったので、イントロを単にサビのメロやコードをピア...

クラプリンのきらきらピアノ弾きレッスンのレッスンノート ・・・計69件

クラプリンのきらきらピアノ弾きレッスン ページ先頭へ