サイタ音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ シンガーは音の...

シンガーは音の渦から逃れる

今回のテーマは「シンガーは音の渦から逃れる」です。

特にバンドでスタジオに入る場合に多いのですが。

モニター環境が厳しくて、自分の歌が聞こえない事があります。

その場合、先ず自分の立ち位置を見直してみましょう。

轟音の渦のど真ん中に、あなたがいないかどうか?

渦のど真ん中に居た場合は、その中から逃れましょう。

基本はボーカルモニターの前に立ちましょう。

スタジオのパワーアンプは天井から下がっている時も多いので、その場合はその下です。

音の渦から逃れても、声が聞こえない場合は、楽器隊の皆さんに音を下げてもらいましょう。

シンガーさんにも一定の声量は求められますが、無理はいけません。

楽器隊の皆さんにもご理解いただき、ちょうど良いバランスをとっていきましょう。

楽器隊の皆さんは、是非ボーカルさんには優しい音量にしてあげてください。

結果、ボーカリストは早く伸びます。

世界トップクラスの声量を持つシンガーからのお願いと提案でした

シンガーは音の渦から逃れる

(2016年8月31日(水) 23:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

ブログ記事 ページ先頭へ