全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ Cubase移...

Cubase移行で学んだ事

さて、本日最後のテーマは「今回Cubaseを学んで分かった事」です。

僕の現行の打ち込み機材QY100からCubaseへの乗り替えは、ショートメールが26文字しか打てなかった白黒の液晶ガラケーから、最先端のスマホへの乗り替えと同じ感覚かと思います。

しかも携帯は万人に分かりやすく出来ているのに対し、Cubaseは極めて専門的で難解で、全然優しくないです。

だからこそ、今回Cubaseへの移行は、改めて大切な事を学べました。

それは、やはり、どれだけ分かっていても「ゼロ トゥ ワン」は難しいという事です。

「分からない」
「時間がない」
「しょーがない」
「今じゃない」
「こんなに難しく作ったヤツが悪い」
「QY100発展バージョンを販売しろよ」
「不具合が生じたからやめよう」
「データが飛んだからやめよう」
と、凄まじい数のネガティヴトークが脳内に響き渡った10日間でした。

facebookとブログの投稿が無ければ、絶対にやめてました 笑。

皆様のおかげです。

ありがとうございました。

ゼロ トゥ ワンをくぐり抜けるコツは、分かるまで毎日やる事、やめない事、なんだと思います。

1cmでも1mmでも進む事が重要だと思います。

触れる回数が可能性の扉を開いてくれます。

最初は極力少しずつ前に進みましょう

Cubase移行で学んだ事

(2016年8月28日(日) 1:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

あなたも出来るピアノ弾き語り
西野大輔 (ピアノ弾き語り)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・駒込・田端・西日暮里・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ