全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ ミスしてもゴマ...

ミスしてもゴマかす

今回のテーマは「ミスしても誤魔化す」です。

先生にあるまじき投稿ですが( ̄ー ̄)、マジであります。

人間にミスは付き物です。

どれだけ大切なライブであっても、いや、大切なライブ程ミスを犯しがちです。

ライブ序盤でミスを犯し、そのミスを引きずってしまって、ライブ全体がガタガタになる事もあり得ます。

確かに理想は「ノーミス」です。

次に良い事は「ミスしても気付かれない事」、つまり「誤魔化す」事。

そして、演者として最もイケナイのは、ミスの空気に飲み込まれる事です。

そして、お客さんに気付かれてしまう事。

なので「ミスはある」事を前提にして、ミスした時を想定しえ立て直す練習をしておく事が重要になります。

多少ミスがあっても、全体の出来が良ければ、それは伝わります。

自分の中で折れてしまわない事。

最後までキチンとアーティストとしての歌を歌う事が何よりも大切になります。

ライブでのトラブルシュートは、そのボーカリストの実力であると言えます。

ミスとトラブルを想定して練習しておきましょう

ミスしてもゴマかす

(2016年8月26日(金) 1:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

ブログ記事 ページ先頭へ