全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 日常に発声を取...

日常に発声を取り入れる

今回のテーマは「日常に発声を取り入れる」です。

以前「ながら練習はやめましょう」というテーマを投稿しましたが、それは変わらずです。

毎日の集中した15分のボイストレーニングの他に、日常に発声を取り入れていきましょう、という事です。

先ず、話す時に腹式呼吸を取り入れてみましょう。

最初の1週間位は、予想以上に声が出過ぎたり、予想以上に息が多くなったりと多少弊害が出るかも知れませんが、すぐに慣れます。

声を張る職業の方はノドを使わずに終業まで仕事をする事が出来ます。

声を張らない職業の方も、話す人に良い印象を与え、コミュニケーションを円滑にする事が出来ます。

そして、何より、腹式呼吸と発声が日常になるという事は、歌の中で実力を発揮しやすくなるのです。

コペルニクス的転回ですね

そうです。

我々は歌が上手くなる為に発声練習をしているんです。

胸式呼吸で普段の生活をし、ノドから声を出していては、歌の世界は非日常です。

でも、普段の生活の中に、腹式呼吸と発声を取り入れられれば、歌に必要な要素が日常になります。

日常と非日常をリンクさせる。

そうすると、生活しながら、歌が上手くなる。

話す直前に少しの気遣いで日常に発声を取り入れる事は可能です。

是非トライしてみて下さい

日常に発声を取り入れる

(2016年8月20日(土) 14:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

あなたも出来るピアノ弾き語り
西野大輔 (ピアノ弾き語り)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・駒込・田端・西日暮里・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ