全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 何故僕が「声で...

何故僕が「声でグラスを割る男」になったのか?その2

今回の投稿は「何故、僕は『声でグラスを割る男』になったのか その2」です。

前回の投稿で、理由のひとつ目を「人生で1度は白黒つけたかった」だとお話しました。

もうひとつの理由。

こちらの方が重要だと思うんですが。

「声の究極の世界が見たかった」からです。

歌を志して26年、ボイストレーナーになって23年、凡人な僕がえっちらおっちら頑張ってきました。

そんな凡人な僕が声でグラスを割ったら、多くの皆さんに、おこがましいですが、勇気や希望をお裾分け出来るんじゃないか?と思った訳です。

僕がどうしてもこだわった、声の究極の世界はどんな景色だったか?

生まれてきて味わった事の無い興奮と、生きてきて感じた事が無い達成感と、人生でピークの自己重要感でした。

でも、ピークを超えた発声は、身体にも、ノドにも良くありません。

なので、皆様にはお勧めは致しません( ̄ー ̄)

それでも、「声でグラスを割る男」になりたい方がいましたら、バトンタッチをしたいのでご一報いただけましたら幸いです。

僕は生粋のシンガーであって、歌以外はオプションでしかありません。

死ぬまでシンガーとして日進月歩していけたら最高だと思っております

何故僕が「声でグラスを割る男」になったのか?その2

(2016年8月18日(木) 23:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

あなたも出来るピアノ弾き語り
西野大輔 (ピアノ弾き語り)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・駒込・田端・西日暮里・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ