全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ いびつでも正し...

いびつでも正しい

今回のテーマは「いびつでも正しい」です。

世の中には、何故その格好がスタンダードなの?という事があります。

最も代表的なのが、ゴルフのスイング。

なんでまた、あんなに縮こまって、がんじがらめなスタイルでスイングするのか、不思議じゃありませんか?

我々野球少年だった人間には、到底理解出来ない型です。

もっと自由に振らせてくれたらいいのに。

素人意見では、そう思っていました。

僕は学生時代、体育で1年間ゴルフを選択した事がありました(1年でひとつの競技しか選択出来ない制度でした)。

そこで、野球スイングでもイケるんじゃないか?という長年の疑問を実践でぶつけてみました。

そしたら、全然当たらないんです 笑。

真っ直ぐ飛ぶとかスライスするとかの問題じゃなくて、カスりもしない。

どれだけボールを見ながら振っても、当たる気配すらない。

止まっているのに。

相手ピッチャーがいる訳でもないのに。

1時間汗だくになりながら、空振りを繰り返し、止むを得ず先生に言われた通りのスイングで振ってみました。

例のスイングです。

そしたら、当たるんです

シュパッと。

端から見てどれだけいびつに見えるものでも、その道ではスタンダードな事があります。

発声練習もまた然りです。

一見いびつに見える事でも正しい事が沢山あります。

発声練習もゴルフ程では無いですが、いびつな事ばかりです。

何故こんな型なのか、疑問に思ったら、是非習っている先生に聞いてみて下さい。

そこには重大な意味が隠れていたりしますので

いびつでも正しい

(2016年8月13日(土) 16:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

あなたも出来るピアノ弾き語り
西野大輔 (ピアノ弾き語り)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・駒込・田端・西日暮里・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ