全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 答えは限界の先...

答えは限界の先にある

今回のテーマは「答えは限界の先にある」です。

何事を行う時でも本気で臨む事は重要になりますが。

なかなか本気になるというのは難しいものです。

本気になったと思っても、7割位の力で臨んでしまいがちです。

以前も取り上げましたが、先ずは「不退転の決意」で臨む事。

それと、重要になるのが今回のテーマの限界の先まで行く事。

答えは限界の先にあります。

しんどくてしんどくて、どうしようもない状況の先。

頭が白〜くなって、何故こんな事をしてるんだろう?と考える時。

達成するもしないも、ありがとうございました、という気持ちになる時に、求めた景色が待っています。

限界を振り切って、「もう一回だけ」と臨んだ、その「もう一回」で答えが出たりします。

僕の今の試みの中では、声でグラスを割る時に、正しくこの心境になります。

声でグラスを割る打率は3割位。

どんだけ完璧に用意してこようが、絶好調だろうが、これを割ればゴールデンのメインで番組に出演させていただけると分かっていても、弾き返される事が7割です。

それでも3割、声でグラスを割る時は間違いなく限界の先まで行っております。

ミックスボイスが出る様になった時、初めてオーディションに合格した時、初のワンマンライブを目黒ライブステーションで成功した時、渋谷O-WESTでのライブを成功した時、テレビに初めて出演させていただいた時、全て限界の先まで辿り着いていたと思います。

なので、「しんどいな、やってる事は正しいのにな、何故出来ないのかな?」と、その行動じたいに疑問を持った時は、もう一回だけトライして限界の先にある答えを見つけに行きましょう

答えは限界の先にある

(2016年8月13日(土) 16:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

あなたも出来るピアノ弾き語り
西野大輔 (ピアノ弾き語り)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・駒込・田端・西日暮里・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ