全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 表現はナルシス...

表現はナルシスティックに

今回のテーマは「表現はナルシスティックに」です。

先日「表現は盛り気味に」というお話をさせていただきましたが、ナルシスティックに表現する事が理想です。

普段の生活と歌の世界は切り離して考える。

そこに「照れ」や「遠慮」があると理想のバランスにはなりません。

ナルシストになる。

フィーリングは本人が本気になれば10分でも結果が出るし、迷いがあると10年やっても結果が出ない部分。

思い切りが必要になります。

歌の世界では曲の主役になり切る事が重要です。

めちゃくちゃ男前でいい。

めちゃくちゃ美女でいい。

主役が三枚目なら三枚目に、主役がイジケてる人ならイジケてる人になり切る。

僕は色んな主役になって許される歌の中が大好きです。

歌う時だけは、自分の事を福山さんだと思っております

フィーリングは答えが無いし、その時々で正解が違うものです。

なので、その時々のベストが目指せる様に表現していきましょう

表現はナルシスティックに

(2016年8月3日(水) 16:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

ブログ記事 ページ先頭へ