全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 行き詰まったら...

行き詰まったら基礎に戻る

今回のテーマは「行き詰まったら基礎に戻る」です。


基礎、基礎と言うと先生っぽくてイヤなんですが。

こちらでは、ガッチリ先生なので



行き詰まったら、スタート地点まで戻ってみましょう。

基礎は実践と密着に絡んでいます。

なので「なんだか上手くいかないなぁ」とか「調子悪いなぁ」と感じる時に基礎に立ち戻ってみると、答えやヒントが隠れている事が多いんです。


基礎量が減っていたり、形が変わってしまっていたりとか。



僕は先生や大人に反発したからロックの道に入り、メタルまで行き着いた訳で。

上の人から「基礎、基礎」って言われると、抵抗がありました。

「基礎なんて、出来てるぜ!
何だったら、俺にはそんなもん必要ねぇぜ!
だからミックスボイスを教えてくれよ!」って 笑。



あなたが同じ様な抵抗を感じるのでしたら、是非心をフラットにして読んでいただけると嬉しいです。


腹式呼吸を最初に学ぶのは、1番大切であり、1番極まらない要素だからです。


発声の難易度が高くなればなる程、高い基礎力が必要になります。


腹式呼吸がしっかり出来て、発声に必要な内部筋肉が出来てくれば、自然と発声は自然とついてきます。


その逆はありません。


チェックして腹式呼吸が出来ていれば、発声練習を順番にチェックしてみてください。

どこかに答えが隠れています。


行き詰まったら、是非基礎に戻ってみましょう

行き詰まったら基礎に戻る

(2016年8月3日(水) 16:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

あなたも出来るピアノ弾き語り
西野大輔 (ピアノ弾き語り)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・駒込・田端・西日暮里・中野・赤羽・川口

ブログ記事 ページ先頭へ