サイタ音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 演じる

演じる

今回のテーマは「演じる」です。

僕は、劇団ジャングルベルシアターさんのギャラリー公演が大好きであります。

「フィーリング」の部分を刺激されます。

ギャラリー公演はフラットステージ、衣装や小道具は最小限。

作品と役者さんの力量が問われる訳です。


毎回、作、演出の浅野泰徳さんと、出演されている役者さんの底力を見せつけられます。

「演じる」とは非常に奥深いですね。

音楽はリズムとメロディというルールがあるから、まだ分かりやすい。

本当は演技にもリズムとメロディがあるけど、それが見えにくい。

むしろ、我々観客に対しては見えない方が良いハズですし。

「気付いてたら引き込まれていた」というのが理想になる。

「フィーリング」の投稿でも取り上げましたが、歌も最初は少し盛り気味に表現する事が必要になります。

その後は盛り過ぎを経験します。

録音して確認して「ちょっとクサいな〜」と。

次は盛り過ぎない様に心掛けながら減らし過ぎを経験します。

録音して確認して「あれ?薄くし過ぎたな〜」と。

そんな事を振り子で感じながら、少しずつ程良いバランスになっていきます。

何事もいきなり上手くなるのは無理なんですね。

ズル出来ないみたいです

僕は歌に出会ってからもしばらくズルする方法ばっかり探していました

でも結局、「ズルして上手くなる方法なんて無い」という当たり前の事に気付けたので、今があります。

なので、振り子に振られながら、最短距離を進める様に、録音して確認していきましょう

演じる

(2016年8月2日(火) 0:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

ブログ記事 ページ先頭へ