全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 弘法筆を選ばず

弘法筆を選ばず

今回のテーマは「弘法筆を選ばず」です。

いきなりですけど、弘法大使は結構入念に筆を選んだらしいですね 笑。

諸説あるので、それは置いておきます(どうしてもプチ知識を入れたかったのです)。

ここでの筆は歌う時のマイクです。

カラオケ屋さんのマイクはそのメーカーさんによって統一されています。

そしてバンドスタジオのマイクは、多くの場合SHURE58が使われています。

歌の練習でしたら、耳を慣らす為になるべく同じマイク環境で歌う事をお勧めします。

「マイマイクを持った方が良いですか?」という質問を受ける事がありますが、僕は「持たなくても大丈夫ですよ」と答えます。

マイクにこだわるなら、生声にこだわる方が歌が早く伸びます。

生声にこだわって、その上でマイクにこだわるのなら良いと思います。

正しく「弘法筆を選ばず」なのです

弘法筆を選ばず

(2016年7月28日(木) 22:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

ブログ記事 ページ先頭へ