全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 あなたも出来るピアノ弾き語り スクールブログ 練習の環境につ...

練習の環境について

今回はボイストレーニングに有効な「練習の環境」について、お伝えしたいと思います。

練習するだけでも素晴らしいんですが、練習の環境を選ぶ時に気をつけると結構大きな差が出ます。

ここでもコツは「毎回同じ環境を選ぶ事」です。

出来れば「同じ場所」がベストです。

発声の成長には、発声する筋肉の成長と耳の成長の掛け算が必要になります。

特に、発声の成長には、耳の成長が大きなポイントにはなります。

耳が音を周波数で聞き分け、そこからタイムラグがあり、それを再現出来る様になってきます。

それが、「今日は狭いカラオケ店」、「明日は広いバンドスタジオ」、「明後日はそれ以上に広いダンススタジオ」とかになると、声の響く感覚が変わります。

当然、耳が慣れません。

毎回新しい環境に耳が慣れないまま、明日はまた新しい場所でボイストレーニングを行う訳です。

当然、耳の成長が遅れます。

なので、数ヶ月は集中して、出来れば同じ部屋で練習すべきです。

先ずはひとつの部屋で徹底的に耳を慣らす。

そして、他の環境に行っても発声バランスが変わらない位、発声を身につけながら、「いつも通り」の発声を新しい場所で行い慣らしていく。

その繰り返しが、どの環境になっても実力を発揮出来る耳と身体を作る練習になります。

少しの心掛けで大きな差が生まれる部分なので、是非あなたも心掛けてみてくださいね〜

練習の環境について

(2016年7月18日(月) 20:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名番組に多数出演!1800人を教えたシンガーが弾き語りデビューを応援

ブログ記事 ページ先頭へ