全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 芽亜利・J弾き語り教室 スクールブログ 弾き語りで大事...

弾き語りで大事な「リズムキープ」

お久しぶりです。講師の芽亜利・Jです。

今日はリズムキープについて。。



弾き語りと言うのは、

自分ひとりで、歌と伴奏をやります。

ある意味、歌に伴奏を合わせられる訳だから、

リズムも自由自在に動かせる。。。と思っていませんか?



これが結構難しいのです。

試しに自分の弾き語りしたのを録音して聞いてみて下さい。



特にバラード曲が

最後の4拍目がアセってしまってたり、

だんだん速くなる(いわゆる「走る」という状態)のがわかると思います。

こうなると聞いている人も落ち着かないし、

曲に入り込めないまま終わってしまいます。




弾き語りの良いところ、

自由に溜めたり、早く入ったり、

わざとリズムを「揺らす」ことが出来る事



それは、

基本の「リズムキープ」が出来てこそ、活きるのです。

まずは、

基本的な、1小節に「コードを4つ打ち」を

メトロノームに合わせて正確に押さえること。

次に

八分音符でアルペジオをリズムが崩れないように

均等に弾けるように。。。

コツは、

自分が感じてるよりもゆっくりめに

しっかり、ひとつひとつの音を出す事。



歌と合わせる前に、

この練習をしておきましょう。




 

(2013年9月25日(水) 1:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

シャンソンクラブで演奏、映画音楽作成!高い技術と丁寧な説明は定評

芽亜利・J弾き語り教室
芽亜利・J (ピアノ弾き語り)

渋谷・武蔵小杉・都立大学・たまプラーザ・あざみ野

ブログ記事 ページ先頭へ