全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 鍵盤hikikatariレッスン スクールブログ アタマの反対は...

アタマの反対はウラ?

弾き語りの通常のスタイルって、だいたい拍のアタマで和音を弾いて歌っていくカタチがほとんどですよね。
確かに拍アタマで鍵盤をたたいて歌うのは自らカウントしているっていうことなんで歌いやすいです。


ただそれじゃあ物足りない!って言う人に是非参考にしていただきたい曲があります。




video っていうIndia arieの曲なんですが、これはまさに前述しました拍アタマで弾くのと逆の、拍のウラで鍵盤をたたく伴奏法をもちいているんですよね。



僕がこの曲と出会ったのは、専門学校で出会ったギターの弾き語りの女の子に教えてもらったのがきっかけで、india arieはその彼女の好きなアーティストのうちの一人でした。

ある日その彼女がこの曲のリフをさらっとギターで弾きだして、それがむちゃくちゃかっこよくて、思わずジェラシーを覚えたものでした。




自分もあんな風に鍵盤でこの曲をやってみたい!っと。



ギターは割と聞く人にリズムを伝えることって想像できると思うのですが、ピアノの弾き語りってなんか=バラードみたいな図式が出来上がってしまってますよね。




でもピアノだって弦楽器。尚かつ打楽器!

このやり方で鍵盤だってindia arieのvideoが演奏できるのです。

動画アップしてくれたこの女性に感謝!







 

(2013年2月15日(金) 21:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

プラスアルファのアレンジを伝授。ブラックミュージック好きは特におすすめ

鍵盤hikikatariレッスン
藤田和樹 (ピアノ弾き語り)

四ツ谷・吉祥寺・三鷹・荻窪・西荻窪・調布

ブログ記事 ページ先頭へ