全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ弾き語り 教室・レッスン

ピアノ弾き語り 教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 芽亜利・J弾き語り教室 スクールブログ もっと気軽に弾...

もっと気軽に弾き語り!

「ピアノ弾き語り」と言えば
既にピアノがバリバリ弾けてないと、歌いながら弾くなんて
無理でしょう?とよく言われますが


ちょっとハードルを下げてみましょう。


「弾きながら歌う」のではなく、

「歌いながらピアノを鳴らしてみる」くらいなら、

出来そうじゃ無いですか?

やってみましょう!


音符が細かく書いてある楽譜ではなく、
歌のメロディーと歌詞と、コードネーム(CとかFとか)がついてる
楽譜(コード譜といいます)を用意しましょう。


歌は,既に歌える歌が良いです。


まず第一歩は、左手だけ弾いてみましょう。

コードネームを見てください。

C D E F G A B C が、それぞれ
ドレミファソラシド にあたると考えてください。

(ルート といいます。コードの基本になる音で、バンドの中でベースが鳴らしている音です。)


音符が読めなくてもいいのです。
歌詞にそって歌いながら、
その上にあるコードの「ルート」の音を鳴らす。

たとえば

C  G  C  C   G
ぽ ぽ ぽ ハトポッポ


とあったら、

ド ソ ド ド   ソ
ぽ ぽ ぽ ハトポッポ

みたいな感じで。。


簡単ですよね?
ここから少しずつ、慣れていきます。

詳しくは、
体験レッスンに来て下さいね♪


 

(2012年4月10日(火) 10:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

シャンソンクラブで演奏、映画音楽作成!高い技術と丁寧な説明は定評

芽亜利・J弾き語り教室
芽亜利・J (ピアノ弾き語り)

渋谷・武蔵小杉・都立大学・たまプラーザ・あざみ野

ブログ記事 ページ先頭へ