サイタ音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り東京 ドレミ弾き語り教室 スクールブログ 歌とピアノと、...

歌とピアノと、時々、曲芸

はじめまして!土井一弥と申します。

よろしくね♪


さて!ここでは、弾き語りのピアノってどんな音楽かを話していきたいと思います。


まずみなさんは弾き語りのピアノと聞いてどんなイメージをお持ちですか?


まずピアノが弾けなくちゃいけない・・・


その上、歌も歌えなければいけない・・・


ただですら大変なのに、それを同時にやるなんて曲芸じゃないかっ!!(笑)


そんなイメージをお持ちではないでしょうか?


確かに、弾き語りピアノは、2つのスキルを同時にやらなければなりません。

しかし、歌っている時のピアノはポロロ~ンって簡単な伴奏で良いよ!って言われたら、ちょっと突破口が見えませんか?


そうなんです。

変な話ですが、歌を歌っている分、ピアノの難易度は下げても大丈夫!

というより、ワビサビと言いましょうか。


歌はもちろんメロディーなので前に出ますが、それに重なってピアノまで前に出る必用はありません。


難しい事をやるなら、歌と歌の合間や、ソロセクションにやればいいんです(笑)


弾き語りピアノは、あくまで歌の引き立て役。

どちらかと言うと、ピアノの役割は雰囲気や響きとか、合いの手などが重要なんですね。


そんな弾き語りピアノのアプローチに悩んでいるあなた。


そもそも、歌の『う』の字、ピアノの『ぴ』の字もわからないんですけど…‥っていう初心者の方も!

『ドレミ弾き語り教室』では
一から丁寧に教えています!!


弾き語りを覚えて、その可能性の秘めた素敵な歌を世に届けてみませんか?

 

(2011年4月29日(金) 22:07)
新着記事

はじめまして!土井一弥と申します。 よろしくね♪ さて!ここでは、弾き語りのピアノってどんな音楽かを話していきたいと思います。 まずみなさんは弾き語りのピアノと聞いてどんなイメージをお持ちですか? まずピアノが弾けなくちゃいけない・・・ その上、歌...

ブログ記事 ページ先頭へ