全国5万人が受講している「サイタ」

打楽器・パーカッション教室・レッスン

打楽器・パーカッション教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室パーカッション教室栃木 タブラ教室 スクールブログ 『タブラ』って...

『タブラ』ってなんや?

初めまして、タブラ教室をやらさせてもらっている大澤です。

早速ですが、皆さんまず[タブラ]ってなんや?って方多いと思うんですよね。
もちろんパーカッション好きな人は知っている打楽器だとは思いますが。

なので、まず皆さんに[タブラ]についてざっくり緩く知ってもらえばと思っています。

まず[タブラ]とは北インドの古典打楽器になります。
歴史は、うーん、いろんな説があるので、13世紀だとか18世紀だとか、ペルシャだとかアラビアだとか、この辺はまた、興味出てきたらじっくり調べてみたいところですね。

見た目ですが、ちゃんと本物を間近でみた方はわかるとは思いますが、まず二つの太鼓で構成されています。利き腕で叩く太鼓を高音の“ダヤ”。利き腕でない方で叩くのが低音の“バヤ”と呼ばれ。この二つの太鼓を組み合わせて[タブラ]といいます。

いろいろな魅力がある[タブラ]ですが、その魅力の多くが音だと思います。
倍音がどこまでも続くような余韻が高音にも低音にもあります。

では実際の音はどんな音だろう?と思う方はぜひまずYoutubeの検索バーにアルファベットで[Tabla]と入力してみてください。幸せになれます。

まずは、[タブラ]の音を知ってほしいと思い興味を少しでも持って頂けたらなと思う次第です。







『タブラ』ってなんや?

(2015年2月12日(木) 13:27)

次の記事

この記事を書いたコーチ

インドで古典技術を習得後、ジャムセッションを中心に活動!ジャンベもOK

ブログ記事 ページ先頭へ