全国5万人が受講している「サイタ」

打楽器・パーカッション教室・レッスン

打楽器・パーカッション教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室パーカッション教室千葉 フリースタイルジャンベ講座studioD スクールブログ 楽器との一体感

楽器との一体感

今日、新しく購入した原付に乗りました。
レッスンのための楽器を運搬するには、どうしてもある程度の積載量がある乗り物で、
かつ駅前の駐輪場に停められる乗り物として選択肢として50ccの原付しかありません。
最初は新車の原付を買おうと思っていたのですが、
最近の原付は小さすぎて、運びたいものを載せる事ができません。
大きいものとなると予算をオーバーしてしまいます。
なのでちょっと古いけれど大きめの原付を中古で購入しました。

メンテナンスのしっかりした原付は凄いですね。
軽くアクセルまわすと2秒程度で30キロまで加速します。
風を切って加速していく感覚がなんとも心地よかったです。
なんとなくバイク好きの人の気持ちが解りました。
乗り慣れてくればバイクとの一体感が気持ちよく感じられそうです。


一体感といえば私の本業の音楽の話ですが、(あ、こっちが本題でした!)

楽器との一体感や皆で音楽を演奏している時の一体感というものは、
言葉では表現できない、不思議な感覚です。
まるで自分が音そのものになったかのような錯覚を感じます。
いや、錯覚ではなく、正に音と一体化した状態と言っても過言ではありません。

特に自分で持ち、直接、手を使って音を鳴らすタイプの楽器では、
その感覚は顕著です。

吹奏楽器やガットギター、そしてパーカッションなどが良い例だと思います。
特にジャンベは伝統的な奏法として、両肩からベルトを使用して腰のあたりで固定し、
素手で打面(ヘッド)を叩いて音を出します。
そしてそれだけで完結させたリズムを叩きだせる楽器です。
通常のセッションならマイクもスピーカーも要りません。
スティックを使って叩くドラムセットと同等の音量を出すことが出来ます!
しかもドラムよりも簡単です!

まあ、私の場合はフリースタイルなので、立奏の場合はジャンベスタンドを使用して、
座奏の時は椅子に座って、ジャンベを地面につけて、
演奏中に動かないように両足で固定します。
こんな感じですね。
http://www.youtube.com/watch?v=QgwIEUX8PXw

叩き方や音の出し方は他のパーカッションよりも簡単です。
是非、体験レッスンを受けてみてください。
ハマること間違いなしです!

楽器との一体感楽器との一体感

(2014年3月17日(月) 23:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ナイキの特典PVに出演!はじめて~フリースタイル演奏のイロハまで

フリースタイルジャンベ講座studioD
DOCTOR (パーカッション)

新八柱・西船橋・船橋・北千住・松戸・柏

ブログ記事 ページ先頭へ