全国5万人が受講している「サイタ」

打楽器・パーカッション教室・レッスン

打楽器・パーカッション教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室パーカッション教室千葉 フリースタイルジャンベ講座studioD スクールブログ ジャンベ講師を...

ジャンベ講師を開始しました!

皆様こんにちは!!

DJ講師をしているDOCTORと申します。

今回はアフリカのパーカッションのDjembeの講師を始めました。
実は私はDJよりもジャンベの方を3年くらい先に始めていたのです。

Djembeはジャンベ、ジェンベ、ジンベと色々な発音があり、
一般的にはジャンベと呼ばれています。

基本的に手で叩き音を出します。

元々バンド活動で、ギターやドラムをしていましたが、
電気を使わず、かつ持ち運びに便利な楽器は無いかと、
色々調べていたころに、渋谷ハチ公前でジャンベを叩いている集団に出会いました。

初めて聴いたときはリズムもあっておらず、ただの騒音だと思っていたのですが、
二度目にハチ公前を通りかかった時は上手い人がいて、リズムにもキレがあり、
すっかり魅了されてしまい、すぐに楽器屋に行ってジャンベを購入しました。

ジャンベはドラムセットでいう、キック、スネア、ハイハットの役割を一つの太鼓で
叩き分けが出来る、非常に優れた打楽器です。

当時はジャンベがブームになっていたようで普通の楽器屋でも簡単に購入できました。

そしてハチ公前ではいつも誰かが叩いていて、気軽に参加することが出来ました。
当時は個性的な人たちばかりで、トラディショナル(伝統的なリズム)から
フリースタイルまで幅広く叩いている集団でした。

自分は元々ジャムセッションでドラムを叩いていた経験があるので、
フリースタイルで新しいリズムを作っていくのが楽しかったです。

特にフリースタイルを得意とするメンバーと一緒にセッションをするのが、
楽しいを通り越して快感とも言えるほどのものでした。

どれくらいジャンベに熱中していたかと言うと、
週3、4日渋谷に行き、1日4時間は叩いていました。
師匠である松尾 賢氏に叩き分けの極意を教わり、
本場アフリカから来た黒人やそのほかの外国人の方のプレイなども参考にして、
独自のプレイスタイルを築き上げるのに1年ほどかかりました。

その後フリースタイルのプレイヤー達は国内外の方々へ散って自分達の活動を続け、
自分は関東に残り、クラブでDJとセッションをしたり、
自分の作った曲にあわせてジャンベを叩いたり、
色々な人と公園でセッションなどをしました。

最も得意なのはやはりフリーセッションと、打ち込み音楽に合わせてソロを叩くことです。


当講座も、最終的にはソロを叩けるようになることを目標とした、
ソリスト養成スクールです。

まだまだ書きたいことは沢山ありますが、
長くなりますので、今回はここで終わらせたいと思います。

それでは、フリースタイルジャンベ講座studio-D-を宜しくお願いいたします!

 

(2014年1月26日(日) 4:31)

次の記事

この記事を書いたコーチ

ナイキの特典PVに出演!はじめて~フリースタイル演奏のイロハまで

フリースタイルジャンベ講座studioD
DOCTOR (パーカッション)

新八柱・西船橋・船橋・北千住・松戸・柏

ブログ記事 ページ先頭へ