全国5万人が受講している「サイタ」

打楽器・パーカッション教室・レッスン

打楽器・パーカッション教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室パーカッション教室愛知 Smile Percussion School スクールブログ ダブルストロー...

ダブルストロークについて

今回はダブルストロークについて書いてみたいと思います。


ドラマーだけではなく、打楽器奏者にとってダブルストロークは必須な演奏草本の一つですが、ダブルストロークはとても奥が深いものです。

やり方を間違えると、クセがついてしまうだけではなく、手首に過度な負担がかかり、腱鞘炎などになりかねません。

ダブルストロークとは、1ストロークの中に音を2つ叩く奏法の事ですが、
速さばかりを追求してしまうと肝心のストロークも崩れてしまいます。

ダブルストロークは、あくまでシングルストロークの腕の動きを無くさない様に、スティックのリバウンドを最大限に利用しながら演奏しなければいけません。

ダブルストロークは、「速さ=格好いい」ものでは決してありません。
音の粒が揃っている事、正確に刻める事が格好よさに繋がるのです。

派手に思われがちなダブルストロークですが、遅いテンポから着実にステップアップされる事をお勧め致します。

何より、クセがついてから修正するのは途方もない時間を要しますし、
体を痛めてしまっては大変ですので。

ゆっくり、確実にトレーニングしていきましょう^^

 

(2012年5月26日(土) 19:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

世界大会金賞、ドイツ他各国公演。世界が認めたプレイをあなたも

ブログ記事 ページ先頭へ