趣味の習い事ペン習字教室東京 初心者からのペン習字 レッスンノート

初心者からのペン習字レッスンノート(71ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

試験にででくる漢字の行書。出さ...
試験にででくる漢字の行書。 出される字の行書は全ておさえました。 辺にかんしてはつかえています。本日、よこせんのスピードをあげる書き方をお伝えしましたので、つかいこなしてください。 数字に...
平仮名。全部説明終了。線を書くうえ...
平仮名。全部説明終了。線を書くうえでの動きですが、一緒に書くときはひととおりクリアしました。しかし、安定、定着はしていません。自分で練習していると、わからなくなることがあるかもしれませんが、全く...
作文を書く力がつきましたね。出...
作文を書く力がつきましたね。 出された題名が何であろうとかけるようになると、力がついたことになります。そして、文のなかに、ことわざ、四字熟語、使いたい言葉を入れて、よりよい文にしようという意欲...
平仮名。「な」「ひ」「ふ」「ら...
平仮名。 「な」「ひ」「ふ」「ら」「ち」「ぬ」の腕、手の動きの確認をしました。一本の線ですが、手の動きが外側、内側、どっちを向いているかで書き方、書きやすさ、つながりがかわってきます。本日、そ...
お礼の葉書。御礼状をかくうえで...
お礼の葉書。 御礼状をかくうえで、これからでてくる頻度の高い字からおさえましょう。 まず、「御」「拝啓」「敬具」「慶」「礼」など、主要な字をマスター。画数の多い字はバランスをとるのが難しく書...
和歌を書くときの注意。和歌につ...
和歌を書くときの注意。 和歌については、古歌の場合は、漢字を仮名にしたり、逆に仮名を漢字にしてもよく、さらに変体仮名をまぜてもよいことになっています。 自由作品で和歌を書くときは、このかきか...
基本の確認。練習をしていて、上...
基本の確認。 練習をしていて、上達している実感がえられないとき、どうも上手く書けないときは、基礎、基本にかえりましょう。 難しいことを我流に練習しても時間の無駄遣いにすぎません。一見、単調に...
作文において、少しのヒントから、ま...
作文において、少しのヒントから、まとまりのある文を書くことができました。 まず、まとまった文を書いてみて、そこから推敲していきましょう。推敲していくことによって、よりよい表現、よりよい言葉を選...
平仮名。「ありがとう」「う」の...
平仮名。 「ありがとう」「う」の手、腕の動きの確認をしました。 「う」はありがとう。おめでとう。という字を書くときのきめてになるじなので、気持ちをこめてかけるようにしましょう。 平仮名は手...
名前。納得のいくかっこいい字に...
名前。 納得のいくかっこいい字にしましょう。難しい字だけに、完成したときの達成感はいかほどのものかたのしみですね。一本の線。はらう角度、意識し、こだわるときりがなく、終わりのない芸術の世界です...

初心者からのペン習字のレッスンノート ・・・計805件

初心者からのペン習字 ページ先頭へ