趣味の習い事ペン習字教室東京 初心者からのペン習字 レッスンノート

初心者からのペン習字レッスンノート(47ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

行書
「和」 のぎへんの一本の線の向き、それが、どちらがわになっているかで、字の雰囲気が違ってきます。 和という字は、日本をあらわし、和やかという意味があります。 人との繋がりにおいて根...
平仮名
全体的にとてもよくなっています。 「せ」は、長方形に、「る」の最初の一画をしゃくりあげるかんかくで、次の傾斜した線から回すところをスムーズに書けるといいですね。 雨の中のレッスン...
作文
とてもよくかけていました。 論理の展開ができていて、且つ文章のなかに自分がやっているから書ける具体例も書けていて好印象です。 スポーツを頑張って、そのことが作文として活かされてくると...
平仮名の単体
「わ」「ね」「「れ」 たて線を書いて、その線から受ける感じで、一筆で、楽に書いていきましょう。 「れ」の最後の「し」の部分「わ」の最後の払いの部分で、力が入る傾向にあるので、できるだけ無駄な...
速記における平仮名
速記になると、1本の線の動きがとても大事になります。ひとつの線の間違いが、最終的に時間切れという結果になります。たかが一文字、されど一文字ですね。 繰り返し出てくる言葉は決まっているので、繋が...
漢字
「日」「目」「春」 折れからのたて線。手、腕にかかる負担をなくして心地よい書き方をしていくようにしましょう。 2ミリ程度でも右に流れていくだけで、長時間書くと体にかかる負担は大きく、また...
漢字、仮名混じり文
漢字を書くときは、へんとつくりのバランスを考えて書きましょう。 貝へん「則」という字、バランスをとるのが難しいですが、安定感を持たせてかけるようにしましょう。 漢字と平仮名のバランス...
硬筆
「ち」「ら」の最後の払いをていねいに書きましょう。 「ば」をかく動きはできていますが、デフォルメしすぎているので、作品のなかで、自然に書けるようになるまで練習ですね。 全体的にとても...
平仮名の単体
「ま」「み」「よ」「の」 とてもよくかけていました。 「れ」「ね」 たて線をかくとき指先だけでかくと、疲れやすいうえ、字形が安定しません。指先の余計な力は抜いて楽に書きましょう。小指の...
行書
石へん 「碑」「研」「硫」「砕」 かたへん 「於」「施」「族」「旅」 にくづき 「肝」「脱」「宛」「脚」 まだれ 「床」「庄」「座」「席」 がんだ...

初心者からのペン習字のレッスンノート ・・・計899件

初心者からのペン習字 ページ先頭へ