趣味の習い事ペン習字教室東京 初心者からのペン習字 レッスンノート

初心者からのペン習字レッスンノート(28ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

硬筆
門構え たて線に気をつけて、どっしりと書きましょう。 門構えの右側が内側に倒れる傾向にあります。 ここが倒れる書き方はいけません。 課題文のなかで苦手な字が出てきたときは、その字を徹...
体験レッスンありがとうございました
平仮名「あ」「い」「え」をかきました。 これから宜しくお願いします
書道
筆で書くときは、文字はちいさくなればなるほど、筆の機能を単純化してかかなければなりません。 細字は毛先だけで書きます。 従って、引きずる迂回はやっているひまがありません。 大字の段階で直筆...
書道
漢字を書くとき、筆を垂直にします。 仮名も漢字に合わせて常に垂直の状態で書かれるべきです。 大字の仮名を書く時点で筆が寝て、引きずるような癖がついてしまうと、将来的にはのびません。 導入が...
筆の持ち方
筆の軸から2、3センチのところを自然に持ち、指先にはあまり力を入れないこと、持った筆が垂直になっているかどうかを定めて指の掛け方をきめることに気をつけてください。指は、一本でも2本でも持ちやすい...
筆の持ち方
筆の持ち方において、これが絶対だというのはありません。 自分で一番楽な持ちやすいと思うもちかたがよいのです。 ただ、軸の極端に下や上を持つのは、物理的、位置的によくありません。
書道
手本を見ながら書くことを臨書というのにたいし、 他人の書を参考にしないで、自分で創意工夫して書くことを自運といいます。 自分でいいものを書いていきたいですね。 自分でいいものを書いてい...
書道
臨書は、古来から行われています。 奈良時代の光明皇后による王羲之の「楽毅論」の臨書が正倉院に現存しています。 臨書は、書く人によって、同じ字を見て書いて同じ筆遣いで書いても、できた作...
書道
対象となる手本の全部を臨書することを全臨といい、その一部の臨書を節臨といいます。
書道
手本を見ながら書くことを臨書といい、古典などの学習手段とされている。 臨書には、形臨、意臨、背臨(暗書)の方法があり、それを用いて、技術・書作の原理を習得し、創作活動への自己の成長を図るこ...

初心者からのペン習字のレッスンノート ・・・計805件

初心者からのペン習字 ページ先頭へ