趣味の習い事ペン習字教室東京 初心者からのペン習字 レッスンノート

初心者からのペン習字レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

季節の挨拶
御歳暮・・・「歳」中の字まで一画一画丁寧に意識しましょう。 くにがまえの中の字を手を抜かないで書くのと同じです。 字画の多い漢字は、日常では、略したり、適当に書いたりします。 スピードを要...
平仮名の復習
平仮名の復習をしました。 全体的によくなっています。 この調子で確実にしていきましょう。
平仮名の復習
「づ」「ぐ」「ぎ」・・・たかが点、されど点。点で減点にならないように意識していきましょう。点まで意識がいっている人は好感が持たれます。 「む」・・・活字の「む」と、手書きの「む」は書き方が...
平仮名の復習
「数」・・・ぼくづくり 「泰」・・・したみず 「究」・・・あなかんむり 日常で気にしない漢字のつくりや、かんむりを字を書くときに意識していくことで、字に対しての理解が深まってい...
検定2級の勉強
手紙文 葉書に文章を書くときは、レイアウト、バランスが点数の基本になります。 本日、字が少し小さく右に寄ってしまいました。 これは、誰もが普通におこることです。そのときに、「あー。もう...
検定2級の勉強
草書の読み どんどん読めるようになっています。 難しく、日常の字を連想させないような字も、最初は「こんなの知らないし、何でこの字がこうなの?」と いう感覚から、「見たことあるな、な...
ペン習字
○含蓄のある言葉 含蓄・・・表面に現れない深い意味や内容 ○誤解を招かないように腐心した。 腐心・・・心をいため、悩ますこと。 ○盟友を失った哀しみは深い 盟友・・...
ペン習字
○刹那的な考え方。 刹那的とは、今現在の楽しいことだけを追い求めるさま。 ○京都の名刹を友人と訪ねる。 名刹とは、名高い寺のことです。
ペン習字
手紙文 手紙、葉書を書くときは、上段は揃えて書きますが、下段は、揃えなくてもよく、文節、言葉の繋がりを考えて、体裁よく書きます。言葉の意味を考えて書くことで、書きたい内容も相手に伝わります...
ペン習字
卒業論文、修士論文においては、今、パソコンで手書きではなくなりましたね。 時代が手書きを必要としなくなってきていますね。 しかし、だからこそ書の勉強をした人には、手書きのよさを人間の根底にお...

初心者からのペン習字のレッスンノート ・・・計1,162件

初心者からのペン習字 ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!