サイタ趣味の習い事ペン習字教室東京 初心者からのペン習字 レッスンノート

初心者からのペン習字レッスンノート(17ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

ペン習字
○刹那的な考え方。 刹那的とは、今現在の楽しいことだけを追い求めるさま。 ○京都の名刹を友人と訪ねる。 名刹とは、名高い寺のことです。
ペン習字
手紙文 手紙、葉書を書くときは、上段は揃えて書きますが、下段は、揃えなくてもよく、文節、言葉の繋がりを考えて、体裁よく書きます。言葉の意味を考えて書くことで、書きたい内容も相手に伝わります...
ペン習字
卒業論文、修士論文においては、今、パソコンで手書きではなくなりましたね。 時代が手書きを必要としなくなってきていますね。 しかし、だからこそ書の勉強をした人には、手書きのよさを人間の根底にお...
試験勉強
暖簾(のれん)・・・日差しをさえぎり、風をいれる日本独特の生活の美である。 店の顔や看板となるために、文字の美しさや季節の変化にも気を配っている。 字はいろいろなところにあらわれますね。 ...
ペン習字
「ものをすすめる」ということを、中国語では、「将」(しょう)といいますが、これは「羊」(よう)とよく似た発音でした。そこで、「食」と「羊」を合体させて「養」という文字ができました。 羊+食=養...
筆耕
宛名書きのときは、相手方の住所が、市や区から始まっているときは、差出人も、都道府県名は省きます。 これは、原則です。 逆に相手方に都道府県から書いても、差出人は、指定がなければ、都道府県...
竹取物語
我が国最古の物語 平安時代初期に成立。作者は未詳 普通、この物語をかぐや姫のお話として読んでいますが、古典の世界では『竹取物語』『竹取の翁の物語』 が題名です。 この物語は、「か...
徒然草
徒然草は、鎌倉時代の随筆。 序段と243段の章段からなる。 著書は、吉田兼好。出家後の呼称は、兼好法師。 古典は、長い歴史のなかで読み継がれ親しまれてきたものです。読み継がれ親しま...
履歴書
横書きの文章を書くときは、出来るだけ横の中心を揃えましょう。 そのためには、横線が大事になります。 右上がりになりそうだ、なってきたなと思ったときは、縦書きで右上がりに書いてきた線をまっすぐ...
平仮名の復習
「は」「ぼ」・・・たった一文字ですが、盛りだくさんの要素が入っています。 たて線のうねりは、マスターするまで、本能のままにうねらせて練習していいのです。 練習段階で、お手本通りに書こう等々と...

初心者からのペン習字のレッスンノート ・・・計1,305件

初心者からのペン習字 ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!