趣味の習い事ペン習字教室レッスンノート ★「かまえ・にょう・たれ」のバランスを知る★

★「かまえ・にょう・たれ」のバランスを知る★

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日はお疲れさまでした。
筆遣い(ペン遣い)が変わって最初のレッスンでしたがいかがでしたか?
宿題を中心に進めさせていただきましたが、線の質がもうすっかり変わっていましたね!
横画に右上がりが加わり、堂々とした書きぶりで字形よくまとめられていました。

それでは、レッスンをおさらいしていきましょう!


★「かまえ・にょう・たれ」のバランス(宿題の添削)
★「かんむり・あし」のバランス(復習)


*「辺.逆.延.建.起.超.尼.戻.肩.底.遅延.送迎.包丁.圧迫.疲労.敵.超過.問題.病床.痛快.原.会.室.考.戸.」については申し分ありません。

*「包囲.昼間.迅速.四.句.新.車.展開.医局」についても、バランスよくまとめられました。

*「追」は、三、四画目に対して五、六画目がやや小さくなったのが惜しいところです。

*「逆、廷、建」は、「しんにょう・えんにょう」と「上に乗る部分」の間がやや空きすぎたようですが、右払いの角度を工夫されたところ、バランスよくまとまりました。

*「越」は「上に乗る部分」がやや大きすぎたようです。

*「痛」は、「用」がやや萎縮した印象を受けました。「やまいだれ」から右にはみ出すように大きく書かれると良いでしょう。
「疲」の「皮」部分についても同様です。

*「尾」は「毛」の一~三画目右端(書き終わり位置)にご着目ください。長くのばしすぎないこともポイントのひとつです。

*「昼」は「旦」の縦画が長すぎると「且」にも見えてしまいますので注意が必要です。

*「座席、開閉、区間」はもう少し大きく書いて良いでしょう。

*「戸籍」は画数の少ない「戸」よりも、画数の多い「籍」を大きく書くと文字の大きさが等しく見えるでしょう。字形についてはたいへん結構です。

*「開、閉、間」は六画目の筆遣い(ペン遣い)に、やや迷いが見られます。横画を書いたら一呼吸おき、ペン先を紙面に軽く突いてから縦方向に運筆すると書きやすくなるでしょう。

*「匹」は、一画目と四画目の書き終わりの位置関係にご注目ください。

*「前」は三画目を長く書いてバランスをとりますので、四~九画目は幅を取りすぎないように注意しましょう。

*一文字の中にできる余白が等しく見えるように書くことは大切です。「恩」は七、八画目の間をもう少し空けると良いようです。

*「恋、恵」は「心」に対して上部をもう少し大きく書いてよいようです。

*「老、者」は、縦画が倒れないようにご注意ください。

長くなりましたが以上です。
前回のレッスンよりだいぶ上達されていましたので、さらに上を目指し、今回細かいところを添削させていただきました。
この調子で、自信を持って練習していかれると良いかと思います。
本当にお疲れさまでした!!
このレッスンノートを書いたコーチ

大学を卒業後、書道の専門学校に進学!専門士の称号を保有する実力派コーチ

凜華のペン習字講座
啓明院凜華 (ペン習字・ボールペン字)

平塚・小田原・町田・海老名・相模大野・本厚木・愛甲石田・伊勢原・鶴巻温泉・東海大学前...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!