サイタ趣味の習い事ペン習字教室 神奈川 凜華のペン習字講座 レッスンノート ★「かまえ・にょう・たれ」のバランスを知る★

★「かまえ・にょう・たれ」のバランスを知る★

ペン習字教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日はお疲れさまでした。
筆遣い(ペン遣い)が変わって最初のレッスンでしたがいかがでしたか?
宿題を中心に進めさせていただきましたが、線の質がもうすっかり変わっていましたね!
横画に右上がりが加わり、堂々とした書きぶりで字形よくまとめられていました。

それでは、レッスンをおさらいしていきましょう!


★「かまえ・にょう・たれ」のバランス(宿題の添削)
★「かんむり・あし」のバランス(復習)


*「辺.逆.延.建.起.超.尼.戻.肩.底.遅延.送迎.包丁.圧迫.疲労.敵.超過.問題.病床.痛快.原.会.室.考.戸.」については申し分ありません。

*「包囲.昼間.迅速.四.句.新.車.展開.医局」についても、バランスよくまとめられました。

*「追」は、三、四画目に対して五、六画目がやや小さくなったのが惜しいところです。

*「逆、廷、建」は、「しんにょう・えんにょう」と「上に乗る部分」の間がやや空きすぎたようですが、右払いの角度を工夫されたところ、バランスよくまとまりました。

*「越」は「上に乗る部分」がやや大きすぎたようです。

*「痛」は、「用」がやや萎縮した印象を受けました。「やまいだれ」から右にはみ出すように大きく書かれると良いでしょう。
「疲」の「皮」部分についても同様です。

*「尾」は「毛」の一~三画目右端(書き終わり位置)にご着目ください。長くのばしすぎないこともポイントのひとつです。

*「昼」は「旦」の縦画が長すぎると「且」にも見えてしまいますので注意が必要です。

*「座席、開閉、区間」はもう少し大きく書いて良いでしょう。

*「戸籍」は画数の少ない「戸」よりも、画数の多い「籍」を大きく書くと文字の大きさが等しく見えるでしょう。字形についてはたいへん結構です。

*「開、閉、間」は六画目の筆遣い(ペン遣い)に、やや迷いが見られます。横画を書いたら一呼吸おき、ペン先を紙面に軽く突いてから縦方向に運筆すると書きやすくなるでしょう。

*「匹」は、一画目と四画目の書き終わりの位置関係にご注目ください。

*「前」は三画目を長く書いてバランスをとりますので、四~九画目は幅を取りすぎないように注意しましょう。

*一文字の中にできる余白が等しく見えるように書くことは大切です。「恩」は七、八画目の間をもう少し空けると良いようです。

*「恋、恵」は「心」に対して上部をもう少し大きく書いてよいようです。

*「老、者」は、縦画が倒れないようにご注意ください。

長くなりましたが以上です。
前回のレッスンよりだいぶ上達されていましたので、さらに上を目指し、今回細かいところを添削させていただきました。
この調子で、自信を持って練習していかれると良いかと思います。
本当にお疲れさまでした!!
このレッスンノートを書いたコーチ

大学を卒業後、書道の専門学校に進学!専門士の称号を保有する実力派コーチ

新着レッスンノート

こんにちは。 先日はレッスンお疲れさまでした。 ペンの運び方、さらにリズムよく運筆されていて、生き生きとしたよい文字を書かれていましたね。 今回も、一文字一文字丁寧にレッスンしていきました。おさらいです! ◆宿題(百人一首5日目~8日目) *「ひ、か、れ、て、い、る」等、線の...

こんにちは。 先日はお疲れさまでした。 1つ1つ丁寧に確認していく中で、新たな発見もあり、有意義なレッスンになりましたね。 鉛筆を使って書くと、筆圧のかけ方が変わり、文字の雰囲気もかわってくると思いますので、今後少し大きめの文字(10マス)で練習される際には、鉛筆(2B)を使用される...

こんにちは。 先日はレッスンお疲れさまでした。 開始早々お見苦しい姿で申し訳ありませんでした。 心よりお詫び申し上げます。 また、スマホの登録操作方法まで教えて頂きありがとうございました。お陰様で あのあと無事連絡を取り合うことができました。ホッとしています。 では、さっ...

おはようございます。 先日はレッスンお疲れさまでした。 今回はじめての百人一首、いかがでしたか? 普段使わない「ゐ」が出てきましたが、あらためて日本語の美しさに触れながら、一文字一文字丁寧にレッスンしていきました。 さっそく、おさらいしていきましょう! ◆お名前・ご住所 ...

こんにちは。 先日はレッスンおつかれ様でした! 限られた時間の中で内容の濃いレッスンを行うことができましたね! 美しい文字というのは奥が深く、どんなに上達しても、また新たな発見があるというのが面白いところです♪ 1年前には分からなかったことも、今はきちんと違いが理解でき、さらにご自分で...

レッスンノート ページ先頭へ

ペン習字・ボールペン字情報

サイタのペン習字・ボールペン字講師がブログを通して、ペン習字・ボールペン字情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!