全国5万人が受講している「サイタ」

ペン習字教室・ボールペン字講座

ペン習字教室・ボールペン字講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事ペン習字教室千葉 たかやまペン字スクール スクールブログ 「味」と言うこ...

「味」と言うこと。

まだまだ、日々、精進ですσ(^_^;

芸事は終わりがないので、ずっと楽しめそうですが、なかなか練習の出来ない時は「やっていて意味があるのかな~!?」なんて思ってしまいます(^^;)

昨年から、個人的にペン字の文字を更に美しく書けるよう、また、良い指導が出来るよう、書道のレッスンについています。

昨年は、都内の某有名大学まで習いに行っていましたが、時間が勿体ないのでマンツーマンで師匠に来ていただくことに(*^_^*)

やはり、マンツーマンの良いところは、先生とじっくり向き合えるところですよね♪

今回は、ペン字六段の課題の一つを書道のついでに見てもらいましたが(こんなところもマンツーマンの良いところかも…)、何度も出て来る文字に変化をつけると味が出るとの指導が入りました。

書道やペン字では、同じ読みが出て来た時に、敢えて同じ読みをする文字に置き変えることもあります。
でも、これって、実はペン字や書道に限ったことではないんですよね。

日本語や英語の文章も、同じ言葉を二度使わないで表現することがスマートで洗練されているとされています。

また、楽器も楽譜に同じフレーズが出て来た時に、終わりに向けて何らかのメッセージ性が含まれていることが多いので、少し変化をつけて演奏することがあります。

基本を学んだ上で自分なりの「味」をつける。
ペン字や習字では、これまでクセだと思っていたものが、基本を学ぶことで、いつしか「味」に変化することもあるでしょう。

例えるなら、ワインが時間とともに熟成され、酸味や苦味、タンニンなどが溶け合って深い味わいを出すようなイメージでしょうか。

簡単なことではありませんが、そう考えると学ぶことが楽しくなりそうですね(o^^o)

「味」と言うこと。

(2015年3月13日(金) 14:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

携帯やPCの時代だからこそ、あなたらしい美文字で想いを伝えませんか

たかやまペン字スクール
高山明子 (ペン習字・ボールペン字)

西船橋・本八幡・下総中山・船橋・東中山・京成西船

ブログ記事 ページ先頭へ