全国5万人が受講している「サイタ」

ペン習字教室・ボールペン字講座

ペン習字教室・ボールペン字講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事ペン習字教室滋賀 わようのイケてる大人文字教室 スクールブログ 「一」「二」「...

「一」「二」「三」

すっかりご無沙汰してしまいました。
SMAPのコンサート当落に右往左往したり、がたがたとしておりました(^-^;

今日から、うちなりに字を上手に見せるコツを載せていきたいと思います。
さてさて、始まります。

☆★☆★☆★☆

年賀状に間にあうか?!
「一」「二」「三」を上手に書くコツ。


まず「一」
・文字の中心から左右均等の長さで。
・すこーし右上りがいいかも。
・決して、右下がりにならないように。


「二」
・文字の中心から左右均等の長さで。
・1画目の線は、2画目の半分の長さ。
・1画目と2画目は、離れすぎないように。
・2画目は、ほんの少し弓なりに。
 (真ん中に向けて、緩い坂を上り
  最後に向けて、同じくらいの坂を下る。
  気持ちで。他人からはわからない感じ)
  

「三」
・文字の中心から左右均等の長さで。
・1画目と2画目は、ほぼ同じ長さで。
・1画目はすこーし右上がり。
・2画目は真横に。
・3画目は「二」と同じで、ほんの少し弓なりに。
・1画目、2画目、3画目の間は均等に。
「春」の1画目と2画目も同じ長さだと次から
書きやすいと思います。



この説明は、パソコンの横にメモを置き
鉛筆で書いてみて、解説を作っています。
「わようさんの書き方」としてご理解ください。
学校で習ってた説明とは、少々?だいぶ?と違う
ことが、これから多々あると思いまが
よろしくお願いいたします(^⁻^)v

 

(2014年10月26日(日) 21:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

自分の字に自信が持てる!お喋りも楽しい先生と、ゆっくりでも一歩ずつ上達

ブログ記事 ページ先頭へ