サイタものづくり・手芸(クラフト)教室折り紙教室千葉 楽しいおりがみ スクールブログ 卒業式に寄せて

卒業式に寄せて

三月のこの時期は、あちらこちらの学校で、卒業式の時期ですね。
おかげさまで、我が家でも娘が無事に高校を卒業しました。
卒業式を終えて先ほど帰宅したのですが、卒業式と言えば、ピアノの伴奏と門出の合唱。
やっぱりいいものですね。胸にぐっと来るものがありました。

そこで、折り紙で「ピアノの伴奏」を折ってみました。
ピアノの折り紙と、イス。
それに演奏者の姿を組み合わせたものです。

ピアノとイスは、よく知られている折り紙で、ご存じの方も多いかと思います。
演奏者は、「つる」の折り方を、ちょっと一ひねりしてあります。



卒業式に寄せて

(2018年3月9日(金) 18:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

折り紙講師として海外でも活躍!伝統文化・折り紙の奥深さ、楽しさを再発見

新着記事

折り紙の「折」という字と、お祈りの「祈」という字はとても良く似ておりますね。 しかも折り紙の「紙」と神様の「神」は、どちらも同じ「かみ」ですね。 私はとても不思議だと思うのです。 これは決して根拠のないことではなく、もともと折り紙は伊勢神宮のご神事に由来しているとも言われているのです...

天狗(てんぐ)さんのお面を作ってみましょう。 河合豊彰先生が考案された、一連の「マスク」作品をヒントに、もう少し易しく折れる「てんぐ」のお面を考えてみました。 一枚の用紙で折ってありますが、用紙にちょっとした秘密があります。 私のスクールでは、もちろんこの「てんぐ」の折り紙作りも...

三月のこの時期は、あちらこちらの学校で、卒業式の時期ですね。 おかげさまで、我が家でも娘が無事に高校を卒業しました。 卒業式を終えて先ほど帰宅したのですが、卒業式と言えば、ピアノの伴奏と門出の合唱。 やっぱりいいものですね。胸にぐっと来るものがありました。 そこで、折り紙で「ピアノ...

吉澤章先生が考案された「ぞう」です。 初心者向きのやさしい作例ですが、実によく工夫されています。 大きな耳と長い鼻に、丸みをおびた優しい姿は豊かにぞうを表現しています。 一体は「東京ばな奈」の包み紙から、折ってみました。 厚めの用紙は、動物を折るのに適しています。 さらに、大...

折り紙でチーターを折ってみました。 アフリカの夕日を見つめている姿を、後ろからとらえています。 動物の折り紙は作っていて、実に楽しいです。 この「チーター」ですが、用紙を作るところから取りかかりました。 折り方自体は、そんなに難しくないと思います。 「つる」が作れる方であれば、十...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、折り紙レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ