全国5万人が受講している「サイタ」

折り紙教室(折り方講座)

折り紙教室(折り方講座)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室折り紙教室京都 玄定の折り紙教室 スクールブログ 折り紙という最...

折り紙という最先端技術

明けましておめでとうございます。

折り紙の分野での新しくも最先端のお話。

折り紙の技術手法は鋳造等で使われる「鞴ふいご」が最も古いようで養蜂に使われる道具の一つにもなっております。また音楽の世界ではアコーディオンの蛇腹がそうですね。
また、目を宇宙に向ければ ソーラパネルも折り紙手法で折りたたまれ宇宙に行って広げられております。

各大学研究でも幾何学の世界でも多くの挑戦的な研究がなされえいる様です。

当方でも立体化する1枚折りを中心にしておりますが、平折りのデザインの美しさに魅せられて、幾何学を取り入れた折りをはじめております。 光りとの組み合わせで、新しいデザインが見られます。

これらに要する点は、正確な折り線が必須です。 大きなものの場合では、あらかじめ規則正しい正確な折り線を製図してから折に入ります。

折り紙の綺麗な出来具合は、折り線の正確さです。2枚重ねては折りません。かならず、1枚の状態で折り線を行ないます。  綺麗な折り紙は折りの精度により決定されます。

平折りのいくつかをご覧いただきます。

折り紙という最先端技術折り紙という最先端技術折り紙という最先端技術

(2015年1月5日(月) 16:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立新美術館でも展示!「光る和紙」を使った折り紙が、生活インテリアに

玄定の折り紙教室
桂堂玄定 (折り紙)

京都・二条・烏丸・今出川・京都市役所前

ブログ記事 ページ先頭へ