サイタものづくり・手芸(クラフト)教室折り紙教室京都 玄定の折り紙教室 スクールブログ 「京プリーツ折...

「京プリーツ折り」の個展展示

今年度、新作「京プリーツ折り」の 個展が 京都寺町 ギャラリーで 行なわれる。

「基本の折り」手法作品が中心で 淡光紙の種類と染色紙の造形作品から 小物作品やアクセサリーなど、着せ替え照明シェードも展示。
着せ替えシェードは 「生活に折り紙アート」の一環、「創り楽しむ」ことと「感じる楽しみ」があり生活に役立つ折り紙として展示。 これらの「着せ替えシェード」を使っておられる方からのコメントを聞くのが実に楽しい。

就寝時、消灯した後に見る自発光色を見て 「いつまでこの発光色が続くのか」と観ているがいつも、気が付き眼がさめたら朝だった!
まだ、自発光している時間を測った方はいない。 自発光色に誘われ眠りに付くようで、熟睡していると言う。

自発光の色は、宇宙の色に似ており 雲の無い夜の明るさ・光りです。

「京プリーツ折り」の個展展示「京プリーツ折り」の個展展示「京プリーツ折り」の個展展示

(2014年9月30日(火) 14:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立新美術館でも展示!「光る和紙」を使った折り紙が、生活インテリアに

新着記事

光る和紙を創り、折り紙造形活動をしておりますが 折られた紙のデザインを楽しむもう一つの方法が「淡光紙」折り紙です。 折られた紙の形がにわかに暗転で光りを放ち、少し回りも淡い光りで楽しめます。 子供たちにこの紙の折りを勧めております。学童保育所の子供たちにこの紙を使っていただき 好み...

折り紙は世界的に知られてきており、海外でも折り紙についての話が出てきます。折り紙の各国クラブ事務局は沢山増えています。日本の折り紙文化の平和外交です。 すこし話はそら・宇宙と折り紙のことになります。 宇宙で活躍する数多くの観測機は太陽のエネルギーで作動する物が多く、ソーラパネルは欠...

新しい折りが、新年早々からメールで送られてきます。 淡光紙で折られた写真が、鮮やかに年の初めに相応しく明るい光りを感じる数々です。 折られる人の心が見えるようで 何んとも嬉しい年の初めです。 いつも折られている折りを少し工夫されてアレンジされていることは、創意工夫の楽しい心の...

明けましておめでとうございます。 折り紙の分野での新しくも最先端のお話。 折り紙の技術手法は鋳造等で使われる「鞴ふいご」が最も古いようで養蜂に使われる道具の一つにもなっております。また音楽の世界ではアコーディオンの蛇腹がそうですね。 また、目を宇宙に向ければ ソーラパネルも折り紙...

本年は当初から国立新美術館での展示、日本クラフト展の入選から始まり、師走大阪インテックスのクラフト仲間のクラフトパーテイーフェアーで締めくくられました。特に、インテックスでは要望されていた「発光和紙の折り紙セット」16センチと20センチを提示させていただき沢山の和紙愛好家に喜んでいただきました...

ブログ記事 ページ先頭へ