全国5万人が受講している「サイタ」

折り紙教室(折り方講座)

折り紙教室(折り方講座)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室折り紙教室京都 玄定の折り紙教室 スクールブログ 起ちあがってい...

起ちあがっていくプリーツ折り紙  基準線(基軸線)と対応線(対称線)

淡光紙に定規で引かれる筋線。基本の基準線(基軸線)と形・曲を作る対応線(対称線)の3本の線を、山折りと谷折りと折り進んでいくと 形創るように 紙が起き上がるように 紙に表情が現れる。 ぞくぞくする瞬間! と形から出来る立体構造線のコアが 紙に力を与えてくれる。

山折りと谷折りから紙の表情=陰影が出来る立体プリーツ折の特徴・魅力です。 単調ですが陰影がもたらす効果。 「もの」はこの影で成り立っている、といっても過言ではないような気がしてくる。

光が強ければ真っ白にハレーション状態で無色、ものが見えない。また影が強ければ黒くそれもまた無色でものは見えない。 光の強さと影の強さが加減好くあれば、形が見え判る。 程よく影があることで、優しく「もの」が見えてくる。

立体プリーツ折りからは、この陰影の繰り返しパターンが 表情を現す。 細かな基準線(機軸線)間隔が見せる繊細的感覚、また粗い基準線(基軸線)が見せる力強さなど 表情がある。

想像するイメージ感覚は、これらの「3本の線」で創られることになります。 1枚の平面な淡光紙が命をあたら得たように あなたの思いが形に変化するのです。 私は「次元の変化を楽しむ折り紙」と言っております。

起ちあがっていくプリーツ折り紙  基準線(基軸線)と対応線(対称線)起ちあがっていくプリーツ折り紙  基準線(基軸線)と対応線(対称線)起ちあがっていくプリーツ折り紙  基準線(基軸線)と対応線(対称線)

(2014年7月21日(月) 23:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立新美術館でも展示!「光る和紙」を使った折り紙が、生活インテリアに

玄定の折り紙教室
桂堂玄定 (折り紙)

京都・二条・烏丸・今出川・京都市役所前

ブログ記事 ページ先頭へ