全国5万人が受講している「サイタ」

折り紙教室(折り方講座)

折り紙教室(折り方講座)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室折り紙教室東京 楽しみながら学ぶ おり紙教室 スクールブログ いよいよ教室の...

いよいよ教室の開講です。

いよいよ教室の開講です。 「バラの風車」
コーチ・プロフィールの執筆を無事に終えて、あとは受講者からの申し込みを待つだけになりました。
講師プロフィールの写真を見ていただいて、まず目に留まるのはバラの風車と格子に組まれたバラのおり紙だと思います。
このバラは福山ローズと呼ばれていて、おり紙好きな人なら誰でも一度は名前を聞いたことがあると思います。
自分がおり紙を始めるきっかけとなったのがこのバラとの出会いからでした。

おり紙好きの親友が、家に遊びに来た時、幾つかのおり紙をその場で折ってプレゼントしてくれていたのです。
その中にバラのおり紙がありました。自分も折ってみたいと思って分解してしたのですが、
とても難しく一度バラしてしまうと、そのバラは元に戻す事が出来ませんでした。
そこで親友に頼み込んで折り方を教えてもったのです。そのバラは川崎ローズと呼ばれるバラでした。
一つのバラの折り方を覚えると、他のバラのおり紙作品にも興味を持つようになりました。
そこで出会ったのが福山ローズだったのです。川崎ローズがつぼみ状のバラであるのに対して福山ローズは開いたバラになっていて、
より優雅で魅力的なバラとなっています。これがとても一枚のおり紙で出来ているとは思えない作品なのです。
このバラの折り方を覚えた時、このバラを多くの人に知ってもらいたいと想いました。
そんな中、ちょっとした遊び心からこのバラが吹きコマになることを発見したのです。
この発見から試行錯誤の結果、バラの風車(かざぐるま)が誕生しました。

この風車をプレゼントすると、始めて見た人は、まずこのバラが一枚のおり紙で出来ていることに驚かれます。
そして「このバラに向かって息を吹きかけてください」とお願いし、クルクル回るバラの風車を見て、
もう一度、驚かれるのです。そして、多くの皆さんからとびっきりの笑顔が返ってくるのです。
このバラの風車との出会いが、おり紙活動を始めるきっかけとなったのです。

「バラの風車」の写真をいくつか紹介しますね。
一本のバラ、格子に組まれたバラ、それぞれが趣のある魅力を持っていると思います。
あなたも是非、バラの風車を親しい人にプレゼントして笑顔の輪を広げてください。

いよいよ教室の開講です。いよいよ教室の開講です。

(2013年7月18日(木) 19:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

贈り物にもおすすめ!折り紙の無限の可能性をあなたに。講師歴多数で安心

楽しみながら学ぶ おり紙教室
佐藤義一 (折り紙)

渋谷・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・四ツ谷・吉祥寺・三鷹・中野・高円寺・阿...

ブログ記事 ページ先頭へ