サイタ音楽教室オカリナ教室熊本 響-HiBiKi-オカリナ教室 スクールブログ 最初のオカリナ

最初のオカリナ

私が最初にオススメしたいオカリナはAC管、と言いたいところです。AC=アルトC管ですね。
SF(ソプラノF)を使う教室も多いと聞きますが、私自身はあまりSF管のオカリナの出番は多くないです。
それは教室の方針ではそれぞれですので言及はしません。
ただ、SFは耳には非常に心地よい音色を発するオカリナが多いです。あと小ぶりで握りやすいです。

でも、なぜACなのかっていうのは、一般に耳にするドレミファソラシドの音階に対する音程にもっとも忠実であること。

それだけです。

でも、、、、が付きます。

オカリナはACやSFだけではなく、それぞれの音域を担当分けしたサイズのオカリナがあるわけですが、AC管が一番選ぶのも演奏するのも難しい楽器と思ってるわけです。

最初に出会ったオカリナは全ての音階を音にするのが最高音を中心に困難でした。
それにはコツが必要なんです。

でも、その難しさを取り去ったオカリナも存在しますけど、一般にはそう言われてますね。

私が最初に始めたオカリナはSC=ソプラノC管でしたので、実はこのACを回避してます。
同じ指使いでいけるのでSCがほんとに大好きなんです。

ただ、このSCは高音が甲高く突き抜けとにかくうるさいと一般には言われます。
近所迷惑レベルかもです。

練習場所を選ぶ楽器でもあるのです。

だから、私の本音はACの価値観はちょっと妥協してる部分もあるかも。


実は甲高くうるさいと言われないSCも知るんですが、とにかく通る音色には変わりなく、誰にでもとは勧めにくい楽器であることは変わりないかも。

価格はお安い場合も多いので、エントリーモデルとしての選択肢はありですが、練習場所が限られるのはありますね。

あと、自分でやってて耳がキンキン感が残る可能性もありますし。

オススメはしないけど、私はSCを好んで一番吹いてきたというのは事実ですし、何とも歯切れが悪い選別論かもですね。

でも皆さんが初めてのオカリナを握られるとするならやはりACを最初にしていただきたいなと思います。

せっかくですから陶器のオカリナをと思われるでしょうが、割れものですので細心の注意が必要です。

落としたら割れたら怖いと思われる方にはエントリーモデルとしては手頃なプラスチックオカリナもありと思います。
でも、機種は限定させていただきますけど、陶器に負けないものからまともに使えないものまでピンからキリまでありますから。
一応相談してください。

落とさなくなり握りも安定したところで陶器製へ移行していただく。それがいいかなと思ってますが、その頃には安心して私の所有するものから沢山の種類を試奏させられると思いますから、次に使いたいオカリナのターゲットは決めやすいと思います。


たかやま ひさし

 

(2014年7月21日(月) 16:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

耳コピもできるように。生の「響き」を奏でる力を楽しく鍛えます!

新着記事

ボランティアイベント活動されている知人から依頼されて子育て支援センターで慰問演奏してきました。 基本的に自分から演奏させてくれとお願いしに行くことはなかったのですが、知人を通してのお願いならばひと肌脱がなきゃと。 知人を含め、支援センターに来られていた方々は多くがオカリナの音を生で...

今のところ、楽器持ち込みのレッスン許可を得ている肥後大津駅前のカラオケボックスを夏から指定開始しましたが、今後の追加エリア展開としましては市電以北の東バイパスの周辺及び東側エリア、及び光の森、菊陽町エリアを検討していますが、大津のみ暫定的に募集オープンして日が浅いのもありますので、頃合いを見て...

師のこだわりのベルカントから学ぶ。 今の私の息遣いはリコーダー向き。風切り音を消し鳴りの音を抑圧、響きの成分を強調して引き出すことを大事にしてる。 ひょっとしたらというか間違いなくリコーダーでは既にそうされていて、息遣いの名前もあるのかなぁ、と探したんだけどまだない。見つけきら...

先日、ラジオでくまもと地球元気村inASOというイベントが阿蘇くじゅう国立公園 瀬の本高原 三愛レストハウスで開催されていましたが、宗次郎さんがゲストということで演奏を聴きに行ってきました。 宗次郎さんといったらオカリナの業界では知らない人がいないというくらいの方で、オカリナというと喜多...

私が最初にオススメしたいオカリナはAC管、と言いたいところです。AC=アルトC管ですね。 SF(ソプラノF)を使う教室も多いと聞きますが、私自身はあまりSF管のオカリナの出番は多くないです。 それは教室の方針ではそれぞれですので言及はしません。 ただ、SFは耳には非常に心地よい音色を発す...

ブログ記事 ページ先頭へ