全国5万人が受講している「サイタ」

オーボエ教室・レッスン

オーボエ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室オーボエ教室福岡 森園直人オーボエ教室 スクールブログ 設計図

設計図

前回に引き続き、ガウジングマシーンと普通のオーボエ奏者があまりブログに書かないお話をまた一つ。

世の中にはいろいろな道具が存在し、そのほとんどが設計図を元に作られていると思います。

車、家、オーボエ、そしてガウジングマシーンにもやはり設計図は存在します。

一般的に演奏家は演奏と勉強をするのが仕事であり、オーボエ奏者やファゴット奏者の様に材木を割ってリードを作ってからではないと勉強すら出来ない様な事はありません。

オーボエ奏者とファゴット奏者はほぼ毎日リードを作りますが、そんな私達でもガウジングマシーンを作るということはまずないので、もちろん設計図を持っているどころか、どうやってマシーンを作っているのかも知らないのではないでしょうか。

不思議なもので、大昔の人達は自分達が日々使用している道具がどうやって作られ、どのような仕組みで動くという事を知っていたはずです。

しかし私達は日々使用している道具がどうやって作られ、どのような仕組みで動くかを全く知りません。

携帯電話、パソコン、エアコンなど、たくさんの物を所有し使用する現代人。

しかし、それらがどのような仕組みで動くかを全く知りません。

話が随分それて大袈裟な感じになってきましたが、今回はロシアのオーボエ教則本に載っていたガウジングマシーンの設計図を画像にて紹介します。

オーボエと長い時間を過ごす上でガウジングマシーンは必需品。

その必需品であるガウジングマシーンをより良く扱う為にも仕組みを知る事は大切な事かもしれません。

少しの画像ですが、お役に立てれば嬉しく思います。

設計図設計図設計図

(2013年7月1日(月) 1:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロシア連邦国家認定の演奏家!クラシック~現代音楽まで安心のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ