サイタ音楽教室オーボエ教室福岡 森園直人オーボエ教室 スクールブログ 私のお気に入り

私のお気に入り

今日はオーボエを扱っている誰もがとりあえず書く、リードについて書こうと思います。

きっと皆さんはいろいろなサイトで大勢のオーボエ奏者さんが書いたリードについての記事やブログを読まれていると思います。
それなので、今回はリード工具の中で重要な物の一つであるガウジングマシーンを取り上げますが、今日ここに出てくるガウジングマシーンはよくサイトで見る綺麗で最新のガウジングマシーンとはちょっと違うガウジングマシーンです。

画像を見て頂くとおわかりだと思いますが、とても古い数十年前の様式。
オーボエ歴40年程の人でも、もしかしたら古い教則本の挿絵では見たことがあるかもしれませんが扱ったことがないマシーンではないでしょうか。

この古いタイプのガウジングマシーン。
実は知り合いのイングリッシュ・ホルン奏者に作ってもらったお手製。

もともとの設計は70年程昔にドイツで設計されたガウジングマシーンから興したそうで、その設計図を元に家にある物や拾った素材を加工して組み立てたマシーンです。

家にあったガウジングマシーンの材料で皆さんが驚く物の一つはトイレの取っ手。
どの部分かと言うとマシーンの真ん中程に見える黒い丸い部分。
その後の製作者宅トイレがどうなったのかはわかりませんが、毎日使うトイレから取った物。
変な話ですが、とても手に馴染みやすくて使いやすくなってます。

拾った物での驚きの材料はガウジングマシーンの本体を作った鉄。

この鉄は一体何かというと、元戦闘機。
森に墜落したのか不時着したのかわかりませんが、ロシアの深い森にあった戦闘機を解体し加工して製作。

そう言われるとなんだか歴史を感じませんか?

こんなちょっと出処が悪く最新の物と比べると便利な機能が少ないガウジングマシーンですが、刃の出方を変えずにドライバー無しの指だけで仕上がりの厚さを変える事もできたんです。

このガウジングマシーンとは5-6カ国を旅行して、いっしょに仕事をしてきた友達。

今ではいろいろな部品が壊れ製作者もいなくなってしまったので、引退して隠居生活中ですが、思いで深い私のガウジングマシーンです。

私のお気に入り

(2013年6月30日(日) 14:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロシア連邦国家認定の演奏家!クラシック~現代音楽まで安心のレッスン

新着記事

今日は少しだけですが、販売用のリードを作りました。 ご覧のとおり、まだチューブに巻き付けただけで削ってはいませんが、これからナイフをよく研ぎ削っていこうと思います。 余談ですが、以前オーボエ奏者同士で集まった時に 「リードを作っている時はテレビをつけてる?それともラジオ?」 と...

一年前のロシアでの演奏会の写真をネットで見つけました。 曲目は.... チャイコフスキー ・ロミオとジュリエット ・ピアノ協奏曲 ・ロココの主題による変奏曲 指揮者はイタリア人だったという事は覚えてますが名前は忘れました。 ちょうどその頃はウクライナに住んでいたの...

最近、アベノミクスとかいう自分にはよくわからない経済対策か何かがニュースなどでよく取り上げられてますが、日本経済はよくなるのでしょうか? もちろん、良くなる事を期待していますが、景気が悪い時は悪い時でそれなりの楽しみ方というものがやはりあります。 以前、私が所属していたオーケストラ...

前回に引き続き、ガウジングマシーンと普通のオーボエ奏者があまりブログに書かないお話をまた一つ。 世の中にはいろいろな道具が存在し、そのほとんどが設計図を元に作られていると思います。 車、家、オーボエ、そしてガウジングマシーンにもやはり設計図は存在します。 一般的に演奏家は演奏...

今日はオーボエを扱っている誰もがとりあえず書く、リードについて書こうと思います。 きっと皆さんはいろいろなサイトで大勢のオーボエ奏者さんが書いたリードについての記事やブログを読まれていると思います。 それなので、今回はリード工具の中で重要な物の一つであるガウジングマシーンを取り上げます...

ブログ記事 ページ先頭へ