趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 レッスンノート

小説指南レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

主語の略し方
小説では文章の中で、主語を略す事ができます。 慣れてくると、スピード感やリズム感を出すために主語を略したりします。 ただ、略しすぎて、二通りに読めてしまったり、意味が変わってしまったりする場...
何故筆が止まるのでしょうか?
文章の表現につまづいて筆が止まってしまうとのこと。 細かな表現にこだわらず、平易な文章で書いていけば良いのですとアドバイス。 プロットを膨らませていく方法や、キャラクターの造形を詰めていくこ...
プロット拝見
仮想コンテンツのテスターを生業とする主人公の話 希死念慮・自殺願望を抱える主人公の変化を、仮想体験で往復する風景を通して 「彼岸と此岸」のメタファとして考えさせられるかもしれず、非常に可能性...
読み直しについて
原稿拝読しながらアドバイスをしました。 同時に、読み直して原稿を直していくレベルに関して私も気づきをいただきました。 まず、文章自体で書くべきことの過不足や正誤のレベル。 次にリズムなど「...
素直な感想が魅力
お疲れ様でした。 素直な文章と作為のない感想がとても魅力です。 また、作品が自分に与えてくれたことなどにも言及されていて読もうという気を起こさせてくれます。 後は読者の年齢層に合わせて、必...
読み直して感じた違和感
自分で原稿を読み直して感じた違和感について解説しました。 会話の処理や、読んだ時のつかえなど、慣れたからこそ感じられる違和感で、一つステージ上がりましたね。 書いていくことで急速に進化すると...
描写と説明の匙加減
今回は趣向を変えて、講師の文章でリライトしたものと比較して見ました。 描写で客観的に語ることと、主人公に目線で説明することの違いなどを説明。 主人公目線の説明は、主人公自身の内面の描写である...
等身大のキャラクターで書く
等身大の自分を語り手にして作品を書いてみようとご提案した。 そうすることで、キャラクターの気持ちに嘘がなく、「語り」に徹した練習ができるから。 今までのレッスンでの指導やアドバイスの内容を参...
曖昧な表現
作者の脳内で固まっていない状態で文章化したために「曖昧」になっている部分を指摘。読者の想像に任せていい部分と、そうでない部分のさじ加減などをお話ししました。 また、文章の「語り口」についてアド...
人物の気持ちがリアルに伝わる
原稿を拝読しました。少女時代の家族と自分との距離、気持ちがリアルに伝わる描写力に感心しました。 シナリオを学んできたので、描写の加減が不安とのことですが、自信を持って大丈夫。 ただ絶望感で終...

小説指南のレッスンノート ・・・計81件

小説指南 ページ先頭へ