趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 レッスンノート

小説指南レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

単なる描写で終わらせない
お疲れ様。本日は、情景や状況の描写を説明的な内容に留めず、同時に登場人物のキャラやイメージ、心情などを気づかせたりするというアドバイスをしました。 また、シーンを考えるときに、「森」という単語...
作品の構成に関して
お疲れ様でした。文章の平易でリズムが的確なのは、司会などの経験が生きているのだと思います。 ストーリーの中で、主人公の心情の変化だけでなく、彼女が見つめる人物の変化も、うっすらと読者に伝わるよ...
プロット拝見
体験を基にした文学作品と、アイディアで勝負するSF作品を拝見。 どちらも面白いので並行してみることをご提案しました。 SF作品の方は、主人公と同じ職場で同じ仕事をする別のタイプのキャラを設定...
表現の工夫
今回は、同じ形容詞、同じ動詞が、繰り返されてしまうとくどくなる、現在形と過去形をどう使い分けるか、など文章表現のコツなどをアドバイスしました。 何度も読み返すことで、しっかり読者に伝わっている...
次の目標設定
今回は、自分の体験を作品にすることの続きをお話ししました。 現在の作品の後の目標を、30枚程度の短編に設定。 次回までにプロットを送ってもらいます。
物語を語る楽しさ
本日はお疲れ様でした。 既にシナリオ勉強中とのことで、作品をいくつか拝読。 アイデアなどの着想には非凡なもの感じます。 物語を最後まで書ききるコツや、書いていくうちにキャラや設定が育ってい...
あいまいになる原因
形容詞が二つの動作にかかって、あいまいになるケースをご指摘。 また、情景の描写は、その情景を見ている登場人物の目線を意識して描写の順を決めると良い、などのコツを伝授。
自分の体験をもとに作品を作る
自分の体験をもとにした作品は、「語り」に専念した練習ができる。 また、作品作りの色々なコツや技術のアドバイスなど、過去のレッスン資料をご参照いただきながらご案内しました。
作品を作る楽しさ
本日はお疲れ様でした。 物語の発想から作品づくりまでの 流れをご案内。 筆が止まってしまう原因、キャラ造形のコツなど。 文章による「語り」に徹する練習として、自分の「初めて心を動かされた体...
文章もコミュニケーションだ
Facebookなどの記事を継続するコツ、読者に与える印象の配慮、などのアドバイス。 また自分の体験から作品を作ることの意味などをお話ししました。

小説指南のレッスンノート ・・・計60件

小説指南 ページ先頭へ