サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説 愛知 小説指南 レッスンノート 何故筆が止まるのでしょうか?

何故筆が止まるのでしょうか?

小説書き方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

文章の表現につまづいて筆が止まってしまうとのこと。
細かな表現にこだわらず、平易な文章で書いていけば良いのですとアドバイス。
プロットを膨らませていく方法や、キャラクターの造形を詰めていくことで、エピソードやシーンが生まれてくることなどをお話ししました。
SF好きということで、私も嬉しい。
ぜひ面白い作品を作っていきたいなあと思いました。
このレッスンノートを書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着レッスンノート

原稿を拝読しました。 上手い。 しっかりとシナリオ術を学ばれているのが活きていると感じました。 若干の言葉足らずなどの若書きな点は、読者目線を意識する気づきで即修正可能。 それよりも、資料や史料の調査や読み込みに抵抗がない、むしろ情熱がある点が頼もしい。 歴史的事実の背景に奇想を滑り...

処女作の短編拝読。 登場人物の心の動きなどを丁寧に描く目の配り方に才気を感じます。 自分の体験を基にした作品を書いてみることをお話ししました。 また長編小説を書く楽しみと、そのコツ。 書きながら登場人物たちが起こす化学反応で、作品がある出来上がっていく面白さなどをお話ししました。

設定とストーリーラインを拝読しました。 書きながら、どんどんと膨らんでいくタイプの作家だと言えます。ここまでできているのですから、書けるシーンやエピソードから書いていきましょう。

応募用の原稿150枚相当を拝読。 書き急ぎによる、「説明で逃げる」「言葉足らず」のポイントをご指摘、また、助詞の誤使用で意味が曖昧な部分なども。 小さなポイントですが読者の読む速度を落とす引っかかりになるのです。

本日は、構想中のミステリのトリックについて色々お話ししました。 本格的なミステリ談義で思わず楽しんでしまいました。

レッスンノート ページ先頭へ